三沢市農産物加工施設

三沢市農産物加工施設は、三沢市の特産品である、ごぼう、にんにく、長芋などを調理・加工・研究し、地域へ供給することで地産地消の実践、特産物の創出、食に対する意識の向上などにつなげることを目的とした施設です。

地産加工研究室には、米粉製粉機やスチームコンベクション、大型攪拌機、真空凍結乾燥機、真空包装器、大型オーブンなどの機器があり、さまざまな調理や加工が可能となっています。

 

 

 

地産加工研究室をご利用ください

「三沢産の農産物を利用した加工品を作ってみたい」「アイデアはあるが加工する場所や設備がない」という方、地産加工研究室を利用してアイデアを形にしてみませんか? 地産加工研究室には以下のような機械があり、地元農産物を使った保存食・加工品の研究や特産品の開発・研究を目的とした方は、有料で利用することができます。

真空凍結乾燥機

フリーズドライにする機械です。まず、-45℃の低温で凍らせ、細胞壁を真空にすることにより素材から水分を抜きます。

 
真空冷却器

蒸して調理した野菜などを真空状態にして、急速に冷却することにより雑菌の繁殖を抑えます。

スーパーガスケトル(回転釜)

窯を回転させて調理したものを取りだすことができます。

 
スチームコンベクションオーブン

水蒸気による「蒸し」と「焼き」を行うことができます。

ミキサー

パン生地などをこねて作る場合に使用します。

キンピラー

「きんぴらごぼう」用など、野菜を千切りにする機械です。

篩付高速粉砕機

米粉を作るために使用しています。

大型オーブン

パン焼き、ピザ、クッキー、ごぼう茶の焙煎など、さまざまな用途に使われています。

 
スーパークックチル

真空パックにするための機械です。

 

 

利用可能な時間

9時~21時

休館日

土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~翌年1月3日)

使用料

午前(9時~12時) 午後(13時~17時) 夜間(18時~21時) 全日(9時~21時)
860円 1,130円 860円 2,780円

 

申込方法

三沢市農産物加工施設使用申請書に必要事項を記入の上、三沢市観光物産課 地産販売推進室(三沢市役所 別館2階)へ直接持参してください。

※施設の利用は予約制となっており、先約がある場合はご希望通り利用できない場合があります。あらかじめご了承ください。

三沢市農産物加工施設使用申請書 [77KB pdfファイル] 

申し込み・問い合わせ

三沢市経済部観光物産課 地産販売推進室(電話 0176-53-5111内線523 FAX 0176-52-7513)