三沢市内において、地域森林計画の対象となっている森林(保安林を除く)の立木を伐採する場合には、森林法第10条の8第1項の規定により、あらかじめ市に「伐採及び伐採後の造林の届出書」の提出が必要となります。

 また、伐採後においても、森林法第10条の8第2項の規定により「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」の提出も必要となります。

対象となる森林

 地域森林計画に定められている森林が対象となります。

 対象森林の確認については、三沢市役所農政課改良係までお問い合わせください。

「伐採及び伐採後の造林の届出書」について

届出の対象者

 森林所有者が自ら伐採する場合や、他者に作業を請け負わせて伐採する場合には、森林所有者が届出者となります。

 なお、伐採する者と伐採後の造林を行う者が異なる場合には、連名により届け出ることとなります。

届出の時期

 伐採を開始する日の90日から30日前までの間に届出が必要です。

届出の様式

 伐採及び伐採後の造林の届出書(様式) [61KB docファイル] 

 伐採及び伐採後の造林の届出書(記載例) [451KB pdfファイル] 

添付書類

 ・土地の所有者を確認できる書類(対象地の登記事項証明書及び公図の写し等)

 ・所有者の所在を確認できる書類(所有者の住民票等) 

 ・届出のあった森林を伐採する権原を有することが確認できる書類(立木の売買契約書等)

 ・伐採区域が確認できる図面(公図等の土地境界が明示された図面に、伐採区域や面積を記載したもの)

 ・所有者の本人確認ができるもの(運転免許証や、保険証の写し等)

 ※所有者が亡くなられている等の理由により、対象地の相続登記が未了である場合

 ・上記のほか、相続関係人が確認できる書類(相続関係説明図、遺産分割協議書の写し等)

「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」について

 ※伐採方法が間伐である場合は不要となります。

報告の対象者

 造林を行った者が報告します。

 なお、伐採跡地を森林以外の用途に供する場合には、伐採者が報告することとなります。

報告の時期

 造林を完了した日から30日以内に報告が必要となります。

 なお、伐採跡地を森林以外の用途に供する場合には、伐採を完了した日から30日以内の報告が必要となります。

報告の様式

 伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(様式) [36KB docファイル] 

 伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(記載例) [226KB pdfファイル] 

届出書・状況報告書の提出先

三沢市 経済部 農政課 改良係

郵便番号 033-8666

青森県三沢市桜町一丁目1番38号

電話番号 0176-53-5111(内線267、307)

FAX番号 0176-52-7513

届出を行わない場合等について

 届出書を提出せずに伐採を行った場合や、変更命令及び遵守命令に従わない場合には、森林法第208条の規定により100万円以下の罰金に、状況報告を行わない場合については、森林法第210条の規定により30万円以下の罰金に処される場合がありますのでご注意ください。