消防団とは

「自分たちの街は、自分たちで守る」 

 

消防団は、消防職員が勤務する消防署とは異なり、火災や大規模災害発生時に自宅や職場から現場へ駆けつけ、その地域での経験を活かした消火活動・救助活動、避難誘導など、災害防御活動に重要な役割を果たしています。

さらに、住民への防火指導、巡回広報、特別警戒など、地域に密着した活動を展開しており、地域における消防力・防災力の向上、地域コミュニティの活性化に大きな役割を果たしています。

 

 

 

 

消防団の歴史

消防団は、江戸時代に八代将軍徳川吉宗が、江戸町内に48組の「まち火消し」を組織したのがはじまりで、その後、「消防組」、「警防団」を経て昭和23年に消防組織法の制定により「消防団」になりました。

消防団は、火災や地震などの災害から皆さんの生命や財産を守るため、消防本部や消防署と同じく法律に基づいて各市町村が設置している消防機関です。

消防団組織

消防団長   佐々木芳英

消防団副団長 根市正廣、大沢春彦、渡辺長一

団員数 条例定数 320名

    現在数  301名(平成29年4月1日現在)

分団名(地域名) 団 長 副団長 分団長 副分団長 部 長 班 長 団 員 合 計    
 本団 1 3 2 3

3

 

 2

(女性団員)

14
 第1分団(浜三沢)      1   1    1    4 

11

18
 第2分団(岡三沢)      1   1    1    4   16   23 
 第3分団(大津)      1  1   1    4  9 16
 第4分団(三川目)      1  1  1  4 12 19
 第5分団(織笠)      1  1  1  4 7 14
 第6分団(新町)      1  1  1  4 13 20
 第7分団(薬師町)      1  1  1  3 10 16
 第8分団(淋代)      1  1  1  4 12 19
 第9分団(六川目)      1  1  1  4 11 18
 第10分団(中央)      1  1  1  4 8 15
 第11分団(谷地頭)      1  1  1  4

10

17
 第12分団(根井)      1  1  1  4 6 13
 第13分団(塩釜)      1  1  1  4 15 22
 第14分団(新森)      1  1  1  4  7 14
 第15分団(鹿中)      1  1  1  4  5 12
 第16分団(前平)      1  1  1  3  4 10
 第17分団(古間木)      1  1  1  4  14 21
 1  3  19  20  20  66 172  301

 

消防団に入りませんか

「あなたが地域防災のかなめ」

現在、三沢市では消防団員を募集中です。

 消防団は、地域で発生した火災の鎮圧や地震・風水害などの各種災害の防ぎょ活動はもちろんのこと、災害が発生したときだけではなく、災害の予防広報活動など幅広い業務を行っており、コミュニティーにおける防災の中心的な役割を担っています。

東日本大震災や阪神・淡路大震災では、地元の多くの消防団員の方々が、自らも被災しているにもかかわらず、地震直後から消火活動や救助活動、住民の避難誘導、物資の搬送など地域に密着した幅広い活動に従事し、大規模災害時の消防団の役割の重要性が改めて認識されました。

消防団員の身分は、非常勤(特別職)の地方公務員です。それぞれ自分の職業を持っている地域住民の方々が、「自分たちの地域は自分たちで守る」という考えのもと、自らの意志で消防団に入団しています。
また、消防団員に対しては、法律及び市町村の条例により、災害時等の出動に対する手当、活動時の怪我などに対する公務災害補償、一定年数以上勤続した団員に対する退職報償金等の制度が設けられています。

 

「自分にできることで、大切な人・まちを守りたい!」

申込み・問合せ窓口

三沢市消防本部 警防課 消防団係

TEL 0176-54-4275

Eメール msw_fd-keibou@misawashi.aomori.jp

◎青森県各市町村消防団の状況は、下記URLから

「あなたの街の消防団・青森県」 総務省消防庁    www.fdma.go.jp/syobodan/search/02.html