災害に強いまちづくり市民提案事業の案件募集について

防災士等の資格取得にもご活用いただけます!

三沢市が行う防災分野における補助事業「災害に強いまちづくり市民提案事業」は、地域の安心安全に寄与し、災害による被害の防止及び軽減を図ることを目的に、住民自らが防災について企画・提案し、主体的に取り組む事業を対象としています。
詳細については、以下の手引きをご覧ください。

災害に強いまちづくり市民提案事業(手引き) [344KB pdfファイル] 

募集期間 

平成30年3月23日までに事業の完了が見込まれる範囲内において、随時募集しています。

対象団体

町内会、自主防災組織、ボランティアグループ、市民活動団体、NPO法人などで、次の要件をすべて満たす団体が対象となります。

  1. 主たる活動の場が市内にあること
  2. 市民等により自主的に組織されていること
  3. 会則、規約等を持ち、会計処理(予算・決算含む)が行われていること
  4. 会員が5名以上で、その構成員の過半数が市内に在住、在勤、又は在学しているものであること

    ※1 個人の方や政治・宗教又は営利のみを目的とする団体等は、申込みできません。
    ※2 同一事業について市からの補助金、又はこれに類する金銭の交付を受けている団体は申込みできません。
補助金額

1団体あたり20万円(予算総額200万円の範囲内)を上限として交付します。

対象事業
  • 防災に関連する知識及び技術の習得及び周知を目的とした事業
    例:防災士等の資格取得を目的とした研修の受講など
     
  • 防災体制の強化を目的とした事業
    例:防災マニュアルづくり、防災マップづくりなど
     
  • 災害時の状況を後世に残し、伝え、被災体験の風化を防止するための事業
    例:記録集の編纂、津波伝承看板等の作製など

応募について

応募に際しては、以下の書類を防災管理課(市役所本館2階)までご提出ください。

応募に係る書類 [43KB docxファイル]