ホテル・旅館等防火対象物に係る表示制度について

制度概要

 平成24年5月に発生した広島県福山市のホテル火災を受け、総務省消防庁から「防火対象物に係る表示制度の実施について」が通知され、火災被害の拡大防止対策の一環として、平成26年度から「防火対象物に係る表示制度」が始まりました。
 この制度は、ホテル・旅館等からの申請に基づき消防機関が審査し、消防法令や建築基準法令に定められた防火に関する基準に適合している場合に、消防機関から交付された表示マークを掲出するとともに、ホームページにおいて電子データを使用できるものです。
 この制度により、ホテル・旅館等の利用者に対して、建築物の防火安全に関する情報を提供します。
 なお、基準に適合している場合、三沢市ホームページに掲載し、利用者に情報提供します。

  • 三沢市内の表示対象施設は、収容人員30人以上のホテル・旅館等です。(階数に制限はありません。)
  • 表示対象とならないホテル・旅館等についても、防火に関する基準に適合している旨を通知します。
  • 平成26年4月1日から受付・審査を開始しています。
  • 平成26年8月1日から表示マークを交付しています。

申請書類等 

交付申請書類等は、こちらからダウンロードしてご利用下さい。

表示マーク

                 

   表示マーク(銀)       表示マーク(金)

  • 表示マーク(銀)・・・基準に適合している場合に交付されるマーク
  • 表示マーク(金)・・・表示マーク(銀)が3年間継続して交付されており、かつ、基準に適合している場合に交付されるマーク 

基準適合ホテル・旅館等の情報提供について

  • 三沢市内のホテル・旅館等で表示マークを交付している施設は以下のとおりです。 
名称 所在地 公布日 有効期限 表示マーク種類
ホテルルートイン三沢 三沢市幸町一丁目9-2 平成26年8月1日

平成32年7月31日

三沢シティホテル 三沢市中央町二丁目1-1 平成26年8月1日 平成32年7月31日

※申請順に表示しています。