日本海溝・千島海溝沿いでは過去に巨大地震が繰り返し発生しており、大きな地震の後に、さらに大きな地震が発生した事例もあります。2011 年 3 月 11 日に発生したM9.0 の 東日本大震災の時には、2 日前の 3 月 9 日に M7.3 の地震が発生していました。

 大きな地震が発生すると、それに続く次の地震「後発地震」の発生可能性が、平時より高まると考えられます。このため、日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震の想定震源域でM7.0以上の地震が発生した場合に、気象庁から「北海道・三陸沖後発地震注意情報」が発表され、注意が呼びかけられます。

 地震や津波は、備えることで被害を減らすことができます。「後発地震」が必ず発生するとは限りませんが、この情報を見聞きしたら、地震への備えの再確認と、「後発地震」の発生時にすぐに津波から避難できる準備をお願いします。

 また、地震は突発的に発生することの方が多いので、日頃から家具等の固定や避難場所・避難経路 の確認等を行い、地震に備えておきましょう。詳細は、内閣府のホームページでご確認ください。

内閣府ホームページ https://www.bousai.go.jp/jishin/nihonkaiko_chishima/hokkaido/index.html

 

「MCTVビデオオンデマンド『ネットdeマックTV』」 https://www.city.misawa.lg.jp/catv/bousai/bousai07.html (私たちの防災その7)