三沢市消防署

 

<消防庁舎の概要>

  • 所 在 地 三沢市大字三沢字堀口17-36
  • 竣工年月日 昭和56年9月30日
  • 構   造 鉄骨鉄筋コンクリート造2階建
  • 床 面 積 2,225,58平方メートル
  • 敷 地 面 積 3,619,00平方メートル

 

 

高規格救急自動車

高規格救急自動車

<車両概要>

  • 平成28年度整備
  • 駆動方式 4WD
  • 車両全長 565cm
  • 車両全幅 189cm
  • 車両全高 256cm
  • 車両総重量 3,280kg
  • 乗車定員 8人
  • 総排気量 2.69L 

救急救命士を含む救急隊員が乗車しています。

119番などの救急要請を受けて、病人やケガ人を病院まで搬送します。除細動器、心電図モニター、輸液ポンプなどの高度救急資器材を積載し、高度な救急処置を行うことができます。

 

救助工作車

<車両概要>

  • 平成23年度整備
  • 駆動方式 4WD
  • 車両全長 794cm
  • 車両全幅 230cm
  • 車両全高 315cm
  • 車両総重量 11,885kg
  • 乗車定員 5人
  • 総排気量 6.40L

救助隊員が乗車しています。

火災、交通事故、水難事故などの様々な災害現場で人を助けることを専門にした消防車両です。水やポンプは積載していませんが、車両にはウインチ、大型クレーン、大型照明が取り付けてあるほか大型油圧救助器具、画像探索機、潜水器具、ロープなどの救助器具を積載しています。

化学消防ポンプ自動車

化学消防ポンプ自動車

<車両概要>

  • 平成20年度整備
  • 駆動方式 4WD
  • 車両全長 760cm
  • 車両全幅 233cm
  • 車両全高 303cm
  • 車両総重量 11,820kg
  • 乗車定員 6人
  • 総排気量 6.40L
  • 積載水量 1,800L
  • 積載薬液量 500L
  • その他 CAFS装置積載

消防隊員が乗車しています。

一般建物火災から化学工場、ガソリンスタンドなどの油火災にも出場します。水1,800リットル、泡消火剤500リットルを積載するほか、「キャフス」といわれる特殊な装置を積載しており、普通の建物火災に対して優れた消火能力を発揮します。心肺停止などの重篤な救急要請には、救急車と同時に応援出場することもあります。

小型動力ポンプ付水槽車

<車両概要>

  • 平成29年度整備
  • 駆動方式 2WD
  • 車両全長 840cm
  • 車両全幅 250cm
  • 車両全高 300cm
  • 車両総重量 19,495kg
  • 乗車定員 3人
  • 総排気量 7.68L
  • 積載水量 10,000L
  • 積載装置 小型動力ポンプ

消防隊員が乗車しています。水10,000リットルを積載しており、火災現場では車両後部に積載している小型動力ポンプを使用して、他の消防自動車に水を補給するほか、単独で放水することも可能です。大規模な震災などでは給水車として活用することも可能です。

指揮車

指揮車

<車両概要>

  • 平成12年度整備
  • 駆動方式 4WD
  • 車両全長 470cm
  • 車両全幅 182cm
  • 車両全高 214cm
  • 車両総重量 2,420kg
  • 乗車定員 8人
  • 総排気量 3.37L

大隊長および指揮隊員が乗車します。

災害現場で情報収集や指揮活動などを行う車両です。その他に火災原因調査を行うための資器材等も積載しています。また、救助艇の牽引や大型の消防車両が進入できない場所での調査活動などを行うことが可能です。

はしご車

はしご車

<車両概要>

  • 平成14年度整備
  • 駆動方式 2WD
  • 車両全長 1,067cm
  • 車両全幅 249cm
  • 車両全高 369cm
  • 車両総重量 20,470kg
  • 乗車定員 6人
  • 総排気量 20.78L 
  • はしご全長 30m

救助隊員が乗車して3階建て以上の建物の火災などに出場します。30メートル級のはしごを積載していて、はしごの先端が屈折することにより電線などを避けて救助活動することができます。また、ポンプ車から送られた水をはしごの先端から放水することも可能です。

人員搬送車

<車両概要>

  • 平成11年度整備
  • 駆動方式 4WD
  • 車両全長 699cm
  • 車両全幅 202cm
  • 車両全高 295cm
  • 車両総重量 5,325kg
  • 乗車定員 29人
  • 総排気量 4.10L

大規模な災害などで、隊員の交代や増強が必要な場合に消防隊員を災害現場へ輸送するための人員搬送車です。最大29人の隊員を輸送することが可能です。

資機材搬送車

<車両概要>

  • 平成10年度整備
  • 駆動方式 2WD
  • 車両全長 808cm
  • 車両全幅 228cm
  • 車両全高 304cm
  • 車両総重量 7,965kg
  • 乗車定員 3人
  • 総排気量 8.22L 

さまざまな消防用の資機材を災害現場まで搬送する資機材搬送車です。

最大2500キログラムの資機材を積載可能であり、車載のクレーンによって積み下ろしを行います。救助艇の輸送なども行います。

消防用支援車

消防用支援車

<車両概要>

  • 平成20年度整備
  • 駆動方式 4WD
  • 車両全長 718cm
  • 車両全幅 206cm
  • 車両全高 293cm
  • 車両総重量 5,365kg
  • 乗車定員 13人
  • 総排気量 4.89L

有毒ガス災害、水難事故などの特殊災害や大規模災害などに出場します。最大13人の隊員と専用の装備を同時に輸送する車両です。隊員が車内で準備を整えながら現場へ移動し、現場では活動拠点としての役割も果たします。救助用エアーテント、空気充填機の輸送も行います。

救助艇「きざきの」

救助艇「きざきの」

<船体概要>

  • 平成10年度整備
  • 船体全長 490cm
  • 船体重量 280kg
  • 乗船定員 8人
三沢漁港や小川原湖などでの水難事故に出場します。船外機による航行が可能です。指揮車や資機材搬送車により災害現場まで搬送されます。