市民の皆さまへ、三沢市消防署からのお願い

三沢市消防署管内の平成26年中の救急出場件数は1,532件でした。前年から80件増え、過去10年間で最高となりました。

一日平均約4.2件に出場し、搬送人員は1,401人。
管内人口41,486人(平成26年12月末現在)のうち概ね30人に1人が搬送されたことになります。

 

 

救急出場件数が多くなれば、必然的に遠くの救急隊が出場する確率が高くなるため、現場への到着時間が遅れてしまい、救える命が救えなくなる恐れがあります。緊急性がなく自分で病院に行ける場合は、救急車以外の交通機関等を利用して下さい。                              
また、急な病気やけがをして、病院に行った方がいいのか、救急車を呼んだ方がいいのか、などで迷ったときは、「救急受診ガイド」をご利用下さい。

傷病者の様子や事故の状況などから、急いで病院へ連れて行った方が良いと思った時には、迷わず119番通報をして下さい。

 救急受診ガイド2014年版 [1981KB pdfファイル] 

 救急受診ガイド(家庭自己判断) [286KB pdfファイル]  

こんな時は迷わず救急車を!
 

 

 

 

 

 

〈総務省消防庁作成「救急車利用マニュアル」抜粋〉