三沢市特定事業主行動計画とは

 三沢市は、平成15年7月に制定された「次世代育成支援対策推進法」に基づき、平成17年10月に「三沢市特定事業主行動計画」を策定しました。
 三沢市特定事業主行動計画は、三沢市職員が次代を担う子どもを育成し、安心して子育てに取り組めるよう職場環境の向上を進め、子ども達の健やかな成長と地域全体が一体となり子育て支援をすすめる環境づくりをめざす事を目的として、平成17年10月から平成22年3月までの期間を前期計画、平成22年4月から平成27年3月までの期間を後期計画とし、人事諸制度(休暇制度や休業制度)の周知徹底、時間外勤務の縮減、地域活動への参加支援等の計画の実施をしてきました。
 

第2次三沢市特定事業主行動計画の策定

 「次世代育成支援対策推進法」は平成17年度から平成26年度までの10年間の時限法でしたが、平成26年11月に有効期限が10年間延長されたことから、平成27年3月までの計画期間であった「三沢市特定事業主行動計画」に引き続く計画として、これまでの実施内容及び行動目標等を踏まえ、より一層子育てに取り組める職場環境の向上と子育てを支援する環境づくりに努めることを目的として、「第2次三沢市特定事業主行動計画」を策定します。

計画期間

 本計画では、平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間を計画期間とします。なお、計画期間中であっても、様々な状況の変化により見直しの必要性が生じた場合は、状況に応じて計画の見直しを行い、適切な行動計画の実施に努めて参ります。 

第2次三沢市特定事業主行動計画前期計画の具体的な取り組み内容と実施状況

  第2次特定事業主行動計画 [73KB pdfファイル] 

これまでの特定事業主行動計画  

  特定事業主行動計画 [99KB pdfファイル]