開票所の場所・日時

 開票の場所は、三沢市総合体育館です。開票の日時は、投票日の投票終了後に始める「即日開票」です。(選挙によっては三沢市公会堂となる場合があります。)

開票の参観

 その選挙の有権者は開票を参観できます。有権者は、選挙の公正が害された場合、訴訟できる立場ですから、参観はただの見物以上の意義があります。ただし、開票管理者には開票所の秩序を維持する責任があることから、参観者の数や行為について必要な制限をすることがあります。

開票の手続き

 投票が終了し投票所が閉鎖されると、各投票区の投票管理者から投票箱、その鍵・記録などが開票管理者に届けられます。開票管理者は、開票所でこれらが間違いなく送致されたかを点検した後に、受領し、開票開始時刻まで保管し、以下の手順で開票を開始します。

1.開票開始の宣言

 開票開始時刻になると、開票管理者は、開票立会人が3名以上参会していることと、すべての投票箱を受領していることを確認し、開票の開始を宣言して投票箱を開きます。

2.投票の受理・不受理の調査

 仮投票、不受理または拒否の決定を受けた不在者投票を調査し、その投票の受理・不受理を決定します。受理と決定した仮投票等は封筒から取り出し、一般投票と混ぜ合わせます。

3.投票の点検

 各投票箱の投票を一緒に混ぜ合わせた上で、それぞれの投票の効力(有効・無効)を決定し、各候補者(または政党等)別に得票を計算します。ここでは正確を期するために、開票事務に従事する者二人にそれぞれ同じ候補者等の得票数を計算させます。

4.得票数の確認・開票録の作成等

 投票の点検が終わると、開票管理者は、各候補者(または政党等)の得票数を確認し、開票録を作り、開票結果を選挙長に報告し、投票を梱包し、開票立会人とともに封印して市選挙管理委員会に送付します。