退職後もなお地域のために、奉仕活動を続ける

12月20日、航空自衛隊三沢基地退職者の親睦団体である、「航空自衛隊三沢基地OB会」の森会長と「三沢つばさ会」の倉持支部長らが、三沢市総合社会福祉センター内にある三沢市社会福祉協議会を訪れ、「愛の輪基金」へ65,000円を寄付しました。

 

「愛の輪基金」とは三沢市社会福祉協議会が、各方面さまざまな人たちから寄せられた善意の寄付金を、社会福祉活動のための資金として積み立てている基金。両団体は、年末に催すチャリティービンゴ大会の参加費を平成8年から毎年寄付し続けており、今回含め総額約58万円を寄付しています。また両団体は他にも、地域住民に楽器演奏を披露する音楽交流会などの貢献活動を行っているとのこと。退職後もなお、奉仕の精神を忘れない自衛官OBの善意による寄付金を受け取った三沢市社会福祉協議会の黒田会長は厚く感謝しました。