「来年もきれいな花が咲くように」。多くの人々が利用する施設の環境美化に協力

 

7月3日、県南地区造園組合が、ボランティアで三沢市総合社会福祉センター周辺の植栽剪定作業を行いました。

 

市内外の造園業者7社が加入する同組合では、社会貢献の一環として、多くの市民が利用する三沢市総合社会福祉センターの環境美化に協力。駐車場を囲むように植えられている『市の花』さつきや生垣になっている日光ヒバなど、施設周辺の植栽をきれいに剪定するボランティア活動を、平成16年から毎年続けています。特にさつきは、花が咲き終わったこの時期に切り揃えることで積雪にも強くなり、来年もきれいな花をつけやすくなるとのこと。この日、参加した組合員9人は、“植栽のバリカン”ヘッジドリマーや剪定はさみを使って、黙々と作業。その職人技によって、植栽や生垣は瞬く間に整った美しい姿となりました。組合の代表も務める有限会社 堀内造園の堀内幸夫代表取締役は「三沢の環境美化に少しでもお手伝いできればと思い続けています。市民の皆さんによろこんでもらえたらうれしい」と話していました。