8月31日 日曜日
第30回みさわ港まつり花火大会
於:三沢漁港

 

大きな節目を迎えた「みさわ三大まつり」のフィナーレを飾る花火大会は、例年より1千発を増やし6千発の花火を打ち上げました。フィナーレにふさわしい花火に、会場からは歓びの歓声が上がっておりました。

8月31日 日曜日
第30回みさわ港まつり安全祈願祭・開会式
於:三沢市魚市場

 

30回目の開催を盛り上げるNPO法人虹の架け橋様の併催イベントもあり、ご来場者の皆様にとりまして思い出に残る祭りとなり、事故等なく、盛会裏に終了することをお祈り申し上げました。

8月26日 火曜日
平成26年度第2回青森県市長会総会
於:ホテルグランヒルつたや

 

県内10市の市長さんを当市にお迎えし、青森県市長会総会が開催されました。事業報告の承認や決算の認定を審議した後、米軍三沢基地を訪れ、サンドヴァル司令官からの基地概要説明やグローバルホークを視察しました。

8月25日 月曜日
第24回太平洋無着陸横断飛行記念北東北親善ゲートボール大会
於:南山屋外運動場

 

選手の皆さんには、日頃磨き上げた技術と若さを存分に発揮され、ビードル号の偉業に負けないようなご活躍をご期待申し上げました。始球式では無事にゲート通過し、安堵いたしました。

8月24日 日曜日
ウェナッチバレー姉妹都市友好親善使節団お別れセレモニー
於:国際交流教育センター

 

日本文化に触れていただきながら、今年も大いに交流を深めることができたと思います。10月には当市の使節団がウェナッチバレーを訪問させていただきますので、よろしくお願いいたします。

8月23日 土曜日
第90回三沢まつり大仮装行列
於:三沢市街

 

昨夜の荒れた天候から好天に恵まれ、90周年を盛り上げようと多くの団体にご参加いただき、三沢まつり中日を大いに盛り上げていただきました。

8月22日 金曜日
第90回三沢まつり夜間運行出発式
於:30ロード特設会場

 

三沢まつりがこれまで幾多の困難を乗り越え、90周年という大きな節目を迎えられたことは、地域の皆さんのご努力の賜物であり、祭りの発展を願うその熱意に対し、心より敬意を表しました。

8月22日 金曜日
第90回三沢まつり神事・御神輿渡御
於:権現神社ほか

 

90周年という大きな節目を皆さんとともに盛り上げ、事故等なく、盛会裏の内に終えられることをご祈念申し上げました。

8月21日 木曜日
第90回三沢まつり祭ばやし競演会
於:ミス・ビードルドーム

 

今年は三沢まつりが90周年という節目を迎え、山車の制作をされた皆さんには多大なるご努力をいただき、改めて感謝を申し上げました。

8月19日 火曜日
ウェナッチバレー姉妹都市友好親善使節団歓迎セレモニー
於:議事堂

 

私はウェナッチバレーを3度訪問し、その度に皆さんの温かい歓迎を受け、互いの絆が強くなっていくことを実感いたしました。今年もこの日が来るのを楽しみにしており、日本のおもてなしの心でお迎えいたしました。

8月17日 日曜日
平成26年度三沢市戦没者追悼式
於:招和台

 

この平和と豊かさを当然のことと思わず、そして、あの辛く悲惨な体験を風化させることなく、平和の尊さを後世へと伝えていくことは、いまを生きる私たちの責務であると、改めて認識いたしました。

8月7日 木曜日
平成26年度三沢市町内会長会議
於:公会堂第8・9集会室

 

長年にわたる自治振興へご尽力された方々に感謝状を贈らせていただきました。会議においてのご要望については、皆さんとともに創意工夫しながら対処して参りますので、引き続きご理解・ご協力をお願いいたします。

8月6日 水曜日
平成26年度三沢市ボランティア連絡協議会研修会
於:総合社会福祉センター

 

総会の後、「協働のまちづくり」と題して講演をさせていただきました。日頃から奉仕活動にご尽力される皆さんの取り組みは、大変心強いものであり、感謝を申し上げました。

8月5日 火曜日
国際情勢講演会「変容するアジアと日米同盟の役割」
於:公会堂第8集会室

 

みさわ国際交流協会の主催で在日米国大使館政治部安全保障政策課長デイビッド・アレン・シュレイファー氏を講師に迎え、講演会が開催されました。基地を抱える街に住む私たちが国際情勢を理解するための有意義な講演でありました。

8月5日 火曜日
平成26年度三沢基地周辺連絡協議会定例総会
於:大会議室、航空自衛隊三沢基地

 

平成26年度事業計画及び歳入歳出予算についてご審議いただき、秋には東北防衛局へ要望活動を行うことといたしました。また、総会終了後には井上基地司令を表敬訪問し、F-2とT-4を視察いたしました。

8月3日 日曜日
平成26年度ファームフェスタin斗南
第53回三沢市畜産共進会
於:斗南藩記念観光村

 

当市の農畜産業に親しめるとともに、ステージや施設内で数多くの趣向が凝らされたファームフェスタをご来場の皆さんも楽しんでいただけたのではないかと思います。