名人目指して・・・王手!

 2月13日、日本将棋連盟三沢支部の会場にて、小学生将棋名人戦の三沢地区予選が開催されました。

 この大会では、地区予選の勝者3名が県大会へと駒を進め、さらに東北大会、決勝大会を勝ち抜いた勝者1名が「小学生名人」の栄誉を手にすることができます。参加した22名の少年・少女棋士は、3つのブロックに分かれ、それぞれで総当たり戦を行い、三沢地区の代表者を決しました。

 多数の父兄が見守る中での勝負でしたが、小さな棋士たちは集中して真剣そのもの。相手と駒だけを見据え、頭の中で複雑に考えた一手を次々と交わしていました。

 見事勝利を収め、2月20日に青森市で行われる青森県大会に駒を進めたのは以下の3名です。三沢地区の代表として頑張ってください!

町屋玲(上久保小)、吉田陽(青森市・浪館小)、工藤麟太郎(青森市・浦町小)