心あたたまる絵本の贈り物

4月19日、米軍三沢基地婦人会から淋代保育所の子どもたちに絵本がプレゼントされました。

 これは、東北地方太平洋沖地震による津波で淋代保育所が浸水し、子どもたちの大切な絵本も流されてしまったと知った米軍三沢基地の将校婦人会と下士官婦人会が寄付を募り、絵本を購入したもので、18人の子どもたち一人ひとりに手渡され、保育所に贈られた分も含めて約50冊が贈られました。

 また、将校婦人会長のローラさんらが子どもたちに絵本を読み聞かせ、会員自ら手作りしたカップケーキとクッキー、ジュースなどのおやつもプレゼントされました。

 子どもたちはもらった絵本に大はしゃぎ!すぐに包装を開いて読み始めていました。婦人会の皆さんも子どもたちの喜び様に笑顔で応えていました。

 津波によって浸水し、淋代地区コミュニティー集会施設で過ごす子どもたち。
 少しでも早く保育所が整備され、思いっきり遊べる日がくるといいですね。