参議院議員通常選挙

参議院議員通常選挙が6月22日(水)に公示され、7月10日(日)に投・開票が行われます。

投票できる要件

投票できる有権者は、次の要件に該当する方です。

住所要件

令和4年3月21日以前から引き続き三沢市に住所を有する方(転入届を提出した日が令和4年3月21日以前)

年齢要件

生年月日が平成16年7月11日以前の方

投票所と入場券について

投票時間

午前7時から午後8時まで

「投票所入場券」に各投票所名が記載されておりますので、ご確認ください。詳しい場所については「投票所一覧」をご覧ください。

投票所入場券は、6月22日(選挙期日の公示日)以降に有権者の皆さんに郵送されます。投票する場合はご自分の入場券を持参してください。

「入場券が届かない」「入場券を忘れた」「入場券を失くした」などの場合でも、受付で本人確認のうえ投票することができます。

 

 

期日前投票

投票日当日に、用事又は旅行、業務、出張等により不在になる方は、事前に期日前投票をすることができます。

場所 期間 時間
市役所別館1階 多目的室

6月23日㈭から7月9日㈯まで

午前8時30分から午後8時まで
おいらせ農業協同組合本店 2階研修室 7月4日㈪から7月8日㈮まで 午前9時から午後5時まで

場所により期間と時間が異なりますのでご注意ください。

※おいらせ農業協同組合本店にはエレベーターがありませんので、車いす等を使用されてる方は市役所をご利用ください。

不在者投票

投票日当日及び期日前投票期間中に、用事又は旅行、業務、出張等により不在になる方は、滞在地で郵送により不在者投票用紙等を受領して、最寄りの選挙管理委員会に持参のうえ、投票することができます。

なお、不在者投票をすることができる指定病院等に入所(入院)中の場合はその施設内で不在者投票をすることができます。また、投票日当日までに18歳を迎え、投票日前に投票しようとする方(まだ17歳の方)は、不在者投票ができます。

申請書につきましては、選挙管理委員会事務局にご連絡くださるか、「不在者投票請求書.docx] 」のページから直接ダウンロードできます。詳しくは「不在者投票について」、または「郵便投票による不在者投票」をご覧ください。

特例郵便投票

 新型コロナウイルス感染症で宿泊・自宅療養等をしている方で、一定の要件に該当する方は「特例郵便投票」ができます。

制度についての概要は「特例郵便投票について」をご覧ください。

※濃厚接触者の方は、特例郵便投票の対象ではありません。投票のために外出することは「不要不急の外出」に当たらず、投票所等において投票していただいて差し支えありません。

手続きの流れ

(1)特例郵便投票の投票用紙などの請求を「請求書」により行ってください。また請求書を郵送する際は、料金受取人払の宛名表示がされた封筒により郵送をお願いします。

(2)請求書に記入し、外出自粛要請等の書面とともに料金受取人宛名表示がされた封筒に封入し、当該封筒の表面の「請求書在中」に〇を付けてください。

(3)請求書等を入れた封筒を、書いた宛名がわかるようにファスナー付きの透明のケース等に封入し、表面をアルコール消毒液を吹きかけて拭きとる等により消毒してください。その上で、同居人、知人等(患者ではない方)に投函を依頼してください。

※日本郵便株式会社からのファスナー付きの透明のケース等に入れていただくよう依頼を受けているため、ご協力をお願いします。ファスナー付きの透明のケース等の入手が困難な場合は、自宅にある透明なケース、袋等に入れ、テープ等で密封し、表面を消毒してください。同居人等へ封筒を渡す際は、ドアの前に置くなど接触しないようにお願いします

特例郵便投票請求書 [57KB docxファイル] 

特例郵便投票宛名【三沢市】 [86KB pptxファイル] 

開票

開票日時

7月10日(日)午後9時から

開票場所

三沢市総合体育館

市内転居した方

令和4年6月7日までに転居届出をした方は、新しい住所での投票となります。

令和4年6月8日以後に転居届出をした方は、前の住所での投票となります。

 新型コロナウイルス感染症対策

選挙管理委員会が行う感染対策

〇投票所にアルコール消毒液を設置します。

〇選挙係員、投票立会人はマスクの着用をしております。

〇定期的な記載台の消毒、投票所内の換気を行います。

〇投票用の鉛筆を皆様に1本ずつお渡しします。

〇飛沫防止パネルを設置しております。 

 皆様へのおねがい

〇お越しの際はマスクを着用し、周りの人との一定の距離を保つようお願いします。

〇期日前投票を積極的にご利用ください。