市政の検証(行政評価)

市政の検証について

 市では、予算の無駄を省き、真に市民の皆さんに必要な事業を最善の方法で行うため、平成13年度からPDCAマネジメントサイクル(Plan-Do-Check-Actionによる継続的改善を行う管理手法)による行政評価システムを導入し、事務事業や施策などについて、その必要性、成果、手法の妥当性などを評価してきました。

 このうち現在は、市政が計画的に運用されているかについてを検証する作業として、平成25年度から運用を開始している三沢市総合振興計画後期基本計画の施策体系に沿って、検証作業を実施しているところです。(三沢市総合振興計画については、こちらから)

 結果については、可能な限り次年度の事業の改善(予算等)に反映しています。

検証システム

 現在の検証(評価)システムは、三沢市総合振興計画後期基本計画に掲げられた事務が計画どおり着実に実施されているかを測定するために行うものです。 このことから、後期基本計画や実施計画においては、それぞれの施策においての方向性や目標値を定めており、その達成のための実施体制の最適化などに心がけております。

検証の手法

 現在の検証手法については、平成25年3月の三沢市総合振興計画後期基本計画を受け、平成25年度から三沢市総合振興計画実施計画を基に、指標の達成度合い等が記載される「検証シート」を各部門が作成し、これを基礎資料として検証作業を実施しております。

評価結果の活用は?

評価結果は庁内会議において最終審議され、市長の決裁を得て、次年度の予算編成や実施計画に反映します。  

なお、これら検証結果については、本ページ等で公表しております。 

検証結果について

平成28年度検証結果に対する外部評価

 平成28年度に実施した政策検証について、三沢市総合計画審議会に外部検証を実施していただきました。
 総合計画審議会では、各委員から検証内容に関する評価や意見が寄せられ、その評価・意見に対しての回答などをまとめました。
 今後においては、外部検証の結果を次期総合計画策定に生かしていきます。
三沢市総合振興計画後期基本計画政策検証に係る外部検証
三沢市総合計画審議会委員からの評価・意見及び各課回答一覧 [252KB pdfファイル]
 

平成28年度検証結果

 三沢市総合振興計画が、平成29年度末をもって、計画期間が終了となります。また、平成29年度内に、次期総合計画を策定必要があります。このことから、平成28年度においては、後期基本計画の検証として、政策検証を実施しました。
 政策検証を実施するにあたって、庁内にワーキンググループを設置し、「(1)前期基本計画の政策評価の内容」、「(2)後期基本計画施策単位の進捗状況」、「(3)平成26年度実施の三沢市民満足度調査結果」などをもとに、検証作業を行いました。
 さらに、ワーキンググループによる検証内容を踏まえ、三沢市行政経営調整会議及び三沢市行政経営会議において審議を行い、総合的な観点で政策検証を行ったものです。

平成28年度 政策検証シート [510KB pdfファイル] 

平成27年度検証結果

平成27年度 検証結果 [129KB pdfファイル] 

平成27年度 検証シート [9263KB pdfファイル] 

平成26年度検証結果

平成26年度 検証結果 [124KB pdfファイル] 

平成26年度 検証シート [6459KB pdfファイル] 

平成25年度検証結果

平成25年度 検証結果 [166KB pdfファイル] 

平成25年度 検証シート [20101KB pdfファイル] 

FAQ

検証作業(行政評価)についての、よくある質問についてお答えします。

検証(行政評価)とは?

行政における検証(評価)とは、まちづくりは目標どおりに進んでいるか?事業は市民の皆さんの役に立っているか?計画の達成度は?その効率性は?などの観点から、その分野の評価・検証作業を行い、その結果を改善に結びつける手法です。

行政評価にはどのような手法がありますか?

 行政評価には様々な手法があります。主に行われている手法として、個別に行われている事務や事業を対象とした事務事業評価、一定分野の事業群などを対象とする施策評価などが挙げられます。

 事務事業評価については、個々の事務事業を評価対象とする評価手法です。投入経費に対しての成果、事業の必要性など詳しい評価・検証が可能であり、個別事業を見直すという観点では、非常に有効です。一方で、行政においては、対象数が膨大となり他の事業との関連性を評価することが難しいという課題もあります。

 施策評価については、一定分野の事業群についての総合的な評価を実施する手法です。個別事業についての評価が難しい一方、分野における投入経費などの調整が出来るというメリットなどがあります。

三沢市ではどのような行政評価を実施しているのですか?

 三沢市では、平成13年度から、市が実施している個別の事業を対象とした事務事業評価に取組み、これと並行して、平成20年度からを計画期間とする三沢市総合振興計画の進行管理を行なうため施策評価を実施してきました。また、市政の総合的な評価として独自に政策評価などを実施してきました(過去の評価結果については、こちらから)。

 現在は、市総合振興計画後期基本計画に掲げた施策を単位とした施策評価を実施しています。

三沢市では、どのような評価手法で評価を行っていますか?

 現在、三沢市では、検証作業の基礎資料となる検証シートを事業担当課が作成しています。この基礎資料を基に、三沢市行政改革推進委員会において審議を行っております。

結果はどのように反映されているのですか?

 検証結果については、その内容を市長を交えて審議し、反映が可能な取組みに関しては、次年度の事業編成などに反映しています。

 

過去に実施した検証(行政評価)結果 (H24年度まで)

平成24年度評価結果

政策評価: 三沢市政策評価票.pdf [790KB pdfファイル] 

(検証・評価)

平成23年度評価結果
平成22年度評価結果
平成21年度評価結果