イマドキの子ども、知っていますか?

弘前大学公開講座の様子 11月5日、公会堂にて弘前大学公開講座が開かれました。

 弘前大学生涯学習教育研究センターの深作拓郎氏を講師に、講義された第1回のテーマは『子どもの地域と暮らしを考える』。

 深作氏は「現在の子どもの成長における問題点を考えるには、育てている親が子ども時代に何を思っていたか、その時代背景まで掘り下げて考えなければならない。大きく環境が変わり、子どもの生活は激変している。これからは子育てに地域の力量が求められる。」と大学で研究している各種調査の結果を基に、わかりやすく子育て支援の重要性を話しました。

 この日集まった受講生は、改めて子どもの環境の変化を知り、驚きながらも真剣に講義を聞いていました。

 弘前大学公開講座は、11月中の毎週日(18時30分~)全4回、子育てをテーマに開催されました。