Q1 国民健康保険は必ず加入しなければならないのですか?

 国民健康保険は、任意加入ではありません。

 他の保険に加入しなくなった時から、必ず国民健康保険に加入することになっています。(国民健康保険法第7条)

Q2 国保税は保険証を全く使わなくても払わなければならないのですか?

 国民健康保険は、いつ起こるかわからない病気やケガに備えて加入者がお金を出し合って必要な医療費などにあてる助け合いの制度です。よって、国保に加入している方には、保険税の納付をお願いしています。

Q3 国保税はどのように決まるのですか?

 前年の所得や国保加入者数に応じて、世帯ごとに決められます。

 40歳~64歳の方は、介護保険分も国保税と合わせて納めることになります。

 詳しくは、くらしの情報→税金→国民健康保険税のページをご覧ください。

Q4 国保税は毎月支払うのですか?

 納期は年8回です。1年分を8回に分けて(7月~翌年2月)納めていただきます。

 納税通知書は、毎年7月初旬に世帯主宛に通知します。

 なお、年度の途中に加入・脱退等があればこの限りではありません。

 例えば、10月に会社を退職し、会社の健康保険から国保に加入する手続きをした場合、11月に納税通知書が届き、10月から3月の6ヶ月分を第5期から第8期の4期に分けて納付することになります。

 

 

 

 

 

 

 

→国保加入月(年度途中の加入の場合

 

 

 

 

 

 

 保険料は月ごとに計算されます)

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

1

2

3

4

5

6

7

8

 

 

 

 

 

 

 

→支払い回数(納期限は月末です)

 

Q5 国保税に減額制度はないのですか?

 世帯の前年の所得が一定以下の場合、減額されます。

 詳細については、くらしの情報→税金→国民健康保険税→国保税の軽減措置のページをご覧ください。

 また、国保税の納付が困難な場合には、税務課にて納税相談を行っておりますので、税務課8番窓口までお越しください。 

Q6 収入がないので国保税を支払えないのですがどうすればよいですか?

 災害など特別な事情により保険税の納付が困難な場合は、申請により減額や免除が認められる場合があります。

 また、国保税の納付が困難な場合には、税務課にて納税相談を行っておりますので、税務課8番窓口までお越しください。

Q7 会社を退職後、社保の任意継続と国保に加入するのとではどちらが安いのですか? 

 国保に加入される方の収入や世帯により異なるため、どちらが安いとは判断できません。そのため国保税を実際に計算してみないと比較できません。 

 加入する月にもよりますが、前年の所得が分かるもの(源泉徴収票又は確定申告の写し)をお持ちになり、窓口までお越しください。

例えば、平成28年1月に退職の場合、平成28年1~3月分については平成27年度中なので、平成26年中の所得を元に計算します。

平成28年4月分からは平成27年中の所得を元に計算します。 

平成27

 

 

 

 

 

 

 

平成28

 

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

 

 

 

 

 

平成27年度

 

 

 

 

 

※平成26年中の所得を元に計算します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成28

 

 

 

 

 

 

 

平成29

 

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

 

 

 

 

 

 

平成28年度

 

 

 

 

 

※平成27年中の所得を元に計算します