子宮頸がん予防接種については、4月より定期接種となり対象者に接種を勧奨しておりましたが、6月14日厚生労働省から、

「接種との因果関係は不明であるが、ワクチン接種後に持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されていることから、予防接種は継続するが、副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、予防接種を積極的に勧奨すべきではない」

との勧告が出されました。

これを受け三沢市では積極的勧奨は行いませんが、接種を希望される方は個別通知に同封されている予防接種の説明書をよくお読みになり、有効性及び起こりうる危険性を理解したうえで受けてください。

厚生労働省からの勧告文はこちら [69KB pdfファイル]


厚生労働省のリーフレットはこちら [1379KB pdfファイル]