「あんしんねっと」とは?

 認知症になると、記憶力・判断力が低下し、道を間違えたり自分の家がわからなくなることがあります。

「あんしんねっと」は、行方不明になる可能性のある方の名前や特徴、写真などの情報を事前に登録しておくことで、実際に行方不明になったとき、事業者の協力をいただきながら少しでも早く発見し、ご家族のもとへ帰れるよう支援するためのネットワークです。

登録者における個人賠償責任保険への加入が始まりました

平成31年4月1日より、登録者は自動的に個人賠償責任保険へ加入することとなりました。

個人賠償責任保険とは?

 登録者であるご本人が、日常生活中偶然の事故や第三者に被害を与えてしまい、法律上の賠償責任が生じた場合に補償する保険です。

どのような事故が対象になるの?

 具体的に補償を受けられる範囲については、以下の例をご参照ください。

対象となる事故の例 対象とならない事故の例
・日常生活中に自転車で通行人をケガさせた
・スーパーに展示してある商品や備品を壊した
・誤って線路に立ち入る等して電車等を止めてしまった など
・仕事中のミスで損害を与えた
・友人から借りた物を壊した
・けんかをして相手にケガさせた
・自然災害 など
 保険料を支払わなければいけないの?

三沢市が民間の保険会社と契約し、三沢市が保険料を負担いたします。一方、補償の対象は登録者となり、保険会社から直接支払われます。よって、保険加入に伴う事務手続きや保険料の負担をお願いすることはございません。

保険はいつから開始になるの?

新規に登録する方は、申請が受理され、事務手続が済みしだい開始となります。
また、すでに平成31年3月末までに登録している方は、平成31年4月1日(月)より開始となっております。

なお、あんしんねっとの登録がされている間は自動継続となります。また、あんしんねっとの対象から外れた場合、同保険も脱退となります。

何か注意しなければならないことは?

ご本人があんしんねっとの対象外となった場合はお早めに変更届を提出するか、担当するケアマネジャーへご相談ください。
具体的な例として、以下のとおりです。

  • 市外へ転出した
  • 施設へ入所となった(一部を除く)
  • 長期入院となった
  • 寝たきりなど、外出が困難な状態となった
  • 死亡した など

申請方法

直接窓口への提出のみ受け付けます。下記の登録用紙をご用意のうえ、窓口へお越しください。
お越しになった方へ、担当よりご本人の生活や行動についてお尋ねすることがございます。

事業者の方へ

あんしんねっとの捜索にご協力をいただける事業所をお待ちしております。
協力団体となるためには、

  • ファックスを受信できる環境であること
  • 認知症サポーター養成講座を受講すること など

が必要です。詳しくは下記へお問い合わせください。


 三沢市高齢者ほっとワーク見守り隊の事業者を募集しています

三沢市では、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせる地域づくりのために、日ごろの業務のなかで高齢者に対して「いつもと違うかも?」と感じることなどを市へ情報提供をしていただき必要な対応につなげていく「三沢市高齢者ほっとワーク見守り隊事業」に参加・協力していただける事業者を募集しています。詳しくは、下記のリンクをご参照ください。

高齢者をあたたかく見守る「ほっとワーク見守り隊」に参加しませんか?
(三沢市ウェブサイトの別のページへ移動します。)

「これって認知症?」(認知症簡易チェックシステム)をご利用ください

ご家族などの身のまわりやご自身など、「ひょっとして認知症なの?」などと思うとき、パソコンや携帯電話、スマートフォンで簡単に認知症のチェックを行えます。ご利用料金は無料ですのでお気軽にご活用ください(通信料は自己負担)。下記リンクからご利用いただけます。

これって認知症?(認知症簡易チェックシステム)
(三沢市ウェブサイトの別のページへ移動します。)