平成30年4月から介護保険料が変わります

 

平成30年度から所得段階が「11段階」から「14段階」に見直しになりました

これまで、65歳以上の方が納める介護保険料は介護給付にかかる費用の22%を負担していただいていましたが、法律の改正によって4月から23%の負担となりました。介護保険事業計画の見直しも反映して、下表のとおり保険料が変わります。(介護保険料は3年ごとに見直されます。)

  

所得段階 

対 象 区 分

割合

新保険料(年額)

第1段階

生活保護受給者、又は市民税非課税世帯で課税年金収入+合計所得が80万円以下の方

0.45

36,100円

第2段階

市民税非課税世帯で、課税年金収入+合計所得金額が80万円を超え120万円以下の方

0.75

60,300円

第3段階

市民税非課税世帯で、課税年金収入+合計所得金額が120万円を超える方

0.75

60,300円

第4段階

本人が市民税非課税者で、年金収入+合計所得が80万円以下の方

0.90

72,300円

第5段階

本人が市民税非課税者で、年金収入+合計所得が80万円を超える方

1.00

80,400円

(年間基準額)

第6段階

本人が市民税課税者で、合計所得金額が40万円未満の方

1.10

88,400円

第7段階

本人が市民税課税者で、合計所得金額が40万円を超え120万円未満の方

1.20

96,400円

第8段階

本人が市民税課税者で、合計所得金額が120万円を超え200万円未満の方

1.30

104,500円

第9段階

本人が市民税課税者で、合計所得金額が200万円を超え300万円未満の方

1.50

120,600円

第10段階

本人が市民税課税者で、合計所得金額が300万円を超え400万円未満の方

1.70

136,600円

第11段階

本人が市民税課税者で、合計所得金額が400万円を超え600万円未満の方

1.80

144,700円

第12段階

本人が市民税課税者で、合計所得金額が600万円を超え800万円未満の方

1.90

152,700円

第13段階

本人が市民税課税者で、合計所得金額が800万円を超え1000万円未満の方

2.00

160,800円

第14段階

本人が市民税課税者で、合計所得金額が1000万円以上の方

2.10

168,800円

 ※第7期保険料の月あたりの基準額 6,700円/月(80,400円÷12ヶ月)

1.対象者 
  • 三沢市に住民登録のある65歳以上の方
  • 三沢市に保険料を納め、他市町村の介護施設に入所している方
2.保険料の納めかた
  • 年金が年額18万円以上の方は、年金から介護保険料があらかじめ差し引かれます。
  • 年金が年額18万円未満の方及び年度途中で65歳になられた方は、市から送付される納付書で納めていただきます。

※個人の所得段階は前年の申告により毎年見直されています。

3.  保険料が上がる理由
  • 全体の人口が減少する一方で65歳以上の高齢者の方が増加し、介護保険のサービスを使う人も増えていくと見込まれるため。
  • 今までは介護保険で給付される費用の22%を65歳以上の方に負担していただいていましたが、法律の改正により平成30年4月からは23%となるため。
  • 介護報酬が0.54%アップとなるため。
4.40歳から64歳までの介護保険料について

健康保険組合または国民健康保険等の医療保険料と併せて徴収されます。詳しい算定方法は、加入している医療保険団体にお問い合わせください。