違う種類のワクチンを接種する場合の間隔

  • 予防接種は体調の良い時に受けましょう。気になることがある場合には、かかりつけの医師に相談しましょう。
  • 接種当日は、朝と接種前に体温を計りましょう。
  • 母子健康手帳と予防接種ハンドブックを必ず持参してください。

予防接種との間隔

 

(不活化ワクチン)

ヒブ、小児肺炎球菌、3種混合(DPT)、2種混合(DT)、4種混合(DPT-IPV)、日本脳炎、単独ポリオ(IPV)、インフルエンザ

 の予防接種を受けた場合

6日以上あけて、違う種類のワクチンを接種する

(生ワクチン)

BCG、麻しん風しん、ロタ、おたふくかぜ、水痘(水ぼうそう)

 の予防接種を受けた場合

27日以上あけて、違う種類のワクチンを接種する

病気との間隔  

ひきつけ(けいれん)をおこしたことがある場合 

主治医に相談してください 

麻しん(はしか)、風しん(三日はしか)、おたふくかぜ、水痘(水ぼうそう)、手足口病、りんご病、突発性発疹等

にかかった場合