ほっとママ事業(三沢市産後ケア事業)

出産後のお母さんが安心して子育てできるよう、心身のケアやサポートを行います。対象となったお母さんと赤ちゃんは、三沢市が委託する助産院で支援が受けられます。

 NEW 令和5年度より、利用料について通産5回まで、多胎児の場合は通算10回まで減免を受けることができるようになりました。既定の回数までは利用料の負担なくケアを受けることができます。

1 対象となる方

三沢市内に住所を有する出産後1年以内の母子であって、産後ケア(心身のケアや育児のサポート等)を必要とする方

2 事業の内容

委託する市内の助産院で、以下のような支援を受けることができます。
⦅ お母さん ⦆体調管理、授乳トラブル等の乳房ケア、休息に関することなど
⦅ 赤ちゃん ⦆発育、発達、栄養などの相談、スキンケアなど
⦅ 育児支援 ⦆赤ちゃんのお世話の仕方、沐浴や授乳方法の相談・指導など

 

<方法>

・通所(デイサービス)型:助産院でケアを受けることができます。

・訪問(アウトリーチ)型:自宅でケアを受けることができます。(交通費負担があります)

 

3 利用料

 

対象

区分1

市民税課税状況2

 

訪問の場合の

交通費3

一般

市民税

非課税世帯

生活保護世帯

第1子

半日

  1,000円   

   500円 

0円

1,000円

1日

  2,000円   

  1,000円 

第2子

半日

     500円 

     250円 

0円

  500円

1日

  1,000円 

     500円 

第3子

以降

半日

      0

        0

0円

   0円

1日

 1 半日:(1)9時~12時 または (2)13時~16
     1日9時~16時(12時~13時は除く) 食事の提供はしていません。
 ※2 市民税非課税世帯または生活保護世帯の場合は、それを証明する書類を提出する必要があります。
 3 通算5回まで、多胎児の場合は通算10回まで利用料の減免を受けることができます。なお、訪問(アウトリーチ)型を利用した場合の交通費については減免対象外となり、自己負担となりますのでご注意ください。

4 利用回数

・産後1年(お子さんの1歳の誕生日前日)まで、通算7回利用できます。多胎児を出産した方は通算14回利用できます。
・半日コースと1日コースがあり、いずれも利用回数は1回とカウントします。

5 利用までの流れ

(1) 利用申請

産後の利用希望時に、子育て支援課へ申請してください。概ね利用希望日の7日前までに申請をお願いします。
《 申請に必要なもの 》
 ・ほっとママ事業利用申請書 ほっとママ事業利用申請書.pdf [325KB pdfファイル]   

 ・母子健康手帳

(2) 保健師、助産師等による面接

お母さんの状況を把握するため、面接を行います。

(3) 利用決定

審査決定後、利用できる方には「利用承認通知書」と「利用券」をお渡しします。

利用決定後に申請内容に変更が生じた際には手続きが必要です。(ほっとママ事業利用変更申請書.pdf [199KB pdfファイル] 

(4) ほっとママ事業の利用

「利用承認通知書」と「利用券」を助産院にご持参ください。

6 実施場所

母子ケアハウスさくら助産院 ( 三沢市大町2丁目2-27   090-2882-3405 )

7 問合せ・申請先

子育て支援課
033-0011 三沢市幸町1丁目7-7 キッズセンターそらいえ内   0176-51-4431