地球温暖化問題について

 第2次三沢市環境基本計画では、ホームページ等を活用して、市民の皆さんに対し「地球温暖化」に関する情報提供を行うこととしています。第1回は、「三沢市の過去数十年の気温の推移」を掲載しました。この結果から見えることは、「三沢市の気温は総じて上昇傾向が伺われる。」というものでした。

 温室効果ガス(CO2等)の増加による地球温暖化が進むと、気候の様々な変化による海面水位の上昇がおこり、それに伴う湾岸水域の氾濫や海岸浸食被害、また異常気象による農作物の被害等が発生するなど、私たちの暮らしにも大きな影響が出てきます。

 そこで、地球温暖化に対して、私たち一人ひとりが身近にできることを掲載いたします。暮らしの中のちょっとした心がけが、CO2 を減らすことにつながります。新型コロナ流行の影響でおうち時間が増えた今、環境問題を意識したエコライフを始めてみてはいかがでしょうか。

 

 環境の将来像「ゼロカーボンシティ=二酸化炭素(CO2)実質排出ゼロ社会」へ向けて身近な暮らしの中でできることから取り組んでいきましょう。

 

 

「毎日の暮らしの中でできる温暖化対策・家庭から出る CO2 の削減」

(1)冷蔵庫に関すること

・無駄な開閉を控えるとともに、開閉は手早く行いましょう。

・適正な温度設定にし、食品を詰め込みすぎないようしましょう。

(2)部屋の照明やテレビに関すること

・不要な照明はこまめに消しましょう。

・テレビを視聴しない時は、つけっぱなしにせずに消しましょう。

 (テレビのコンセントを抜くと、より省エネになります。)

(3)暖房に関すること

・適切な温度管理をしましょう。(夏の冷房を1℃高めに、冬の暖房を1℃低めにするだけでも、年間約33kgの CO2 削減になります。)

 ※CO2 排出1kg=ドライヤー(1,200w)10分×10回分

・エアコンのフィルターは適正に掃除しましょう。

(4)調理に関すること

・ガスコンロの炎が鍋底からはみ出さないようにしましょう。

・炊飯器はタイマーを上手に使って保温時間を短くしましょう。

・食材の在庫をきちんと把握して、無駄な食材を買わないようにしましょう。

(5)給湯に関すること

・シャワーは不必要に流したままにしないようにしましょう。(4人家族で全員がシャワーの時間を1分減らすと、年間約65kgの CO2 削減ができるといわれています。)

・お風呂に入るときは、できるだけ間を置かずに一気に家族全員で入りましょう。

(6)エネルギー消費効率の高い機器の選択・購入

・家庭用エアコン、冷蔵庫、テレビや照明器具等、省エネルギー性能の高い製品を選択することで、長期的に CO2 の排出量を抑えることができます。

 ※参照…資源エネルギー庁ホームページ(省エネ型製品情報サイト)