三沢市コミュニティバス「みーばす」とは

  自家用車の普及などによりバスなどの交通機関の利用者が年々減少している中、高齢者をはじめとする交通弱者の移動手段の確保や地域の実情に合った輸送サービスの実現を目的に関係者の皆様方と協議し、平成22年11月8日より三沢市コミュニティバスを運行しています。
 みーばすの運行区間は主に市内となっており、各地から市役所、市立病院、三沢駅のほか中心市街地などでの買い物にも利用できるように設定されています。
 また、多くの皆様に愛称を募集した結果、「みーばす」に決定しました。

「みさわのみーばす みんなのみーばす」

皆様のご利用をお願い致します。

「みーばす」に関するお知らせ

三沢公共交通ガイド

 ルート・ダイヤの詳細は三沢公共交通ガイドにてご確認下さい。三沢公共交通ガイドは、市役所や駅のほかに公共施設やスーパーなどに設置しています。下記からもダウンロードできます。

三沢市公共交通ガイド平成30年5月1日版(全編)[4733KB pdfファイル] 

みーばす路線図 [5682KB jpgファイル] 

三沢市役所周辺のりば案内[1367KB pdfファイル] 

三沢駅周辺のりば案内 [1121KB jpgファイル] 

「みーばす」乗り方案内

 三沢市では、「みーばす」を皆様により知っていただくため、乗り方案内パンフレットを作成しました。みーばすの乗り方や便利な機能、市街地区間路線図などについて、詳しく解説しています。
 パンフレットは、下記からダウンロードできるほか、市役所や市内公共施設に設置しています。

みーばす乗り方案内 [3309KB pdfファイル] 

区間内片道運賃上限500円の実証実験実施中

 市北部と市立三沢病院を結ぶ北浜木崎野線で、上限運賃制の実証実験を行っています。
 実証期間内、車内で販売している切符(2枚組1000円)を購入してバス乗務員にお渡しいただくと、市立三沢病院から八幡および天ヶ森入口までの500円を超える区間を片道1枚(500円分)で乗車することができます。

北浜木崎野線オトクな2枚きっぷ [5872KB pdfファイル] 

  • 区間 北浜木崎野線 市立三沢病院~八幡、天ヶ森入口
  • 期間 平成30年4月1日~平成31年3月31日

防衛省再編関連訓練移転等交付金の活用について

 三沢市コミュニティバスの運行費用に防衛省の再編関連訓練移転等交付金を活用いたします。

 平成29年度より交付金を基金造成(積立)し、平成30年4月以降の運行費用に充当します。

事業の目的

 地域公共交通の利便性の向上及び地域の活性化に資するため、コミュニティバスの円滑な運行を図る。

事業の内容

 コミュニティバス運行事業

事業期間

 平成29年度~

基金造成額

 平成29年度 60,000千円