国土利用計画法とは

 国土利用計画法は、土地の投機的取引や地価の高騰を抑制するとともに、適正かつ合理的な土地利用の確保を図るため、土地取引について届出制を設けています。
 一定面積以上の土地の取引をしたときは、この法律により知事に届出なければならないことになっています。

届出が必要な土地取引

 対   象 : 三沢市全域(非線引き都市計画区域)

 面   積 : 5,000平方メートル以上

※個々の面積は小さくても、権利取得者(売買の場合であれば買主)が利を取得する土地の合計が上記の面積以上となる場合には届出が必要です。

届出の手続き

 土地取引に係る契約(予約を含む。)をしたときは、土地の権利取得者(売買の場合は買主)は、契約者名、契約日、土地の面積、利用目的等を記入した知事あての届出書に必要な書類等を添付して、契約した日から2週間以内に都市整備課へ届け出てください。

・提出書類

No 図書名 説  明
1 届出書  下記様式からダウンロードできます
2 契約書(写)  契約年月日、価額、面積等
3 位置図 縮尺50,000分の1以上の地形図
4 明細図 周辺の状況がわかる5,000分の1以上の地形図
5 平面図 公図、地積調査図など
6 実測求積図 実測面積による契約をした場合
7 委任状 代理人に委任するときの委任状など
8 その他 その他参考となる書類

 

・提出部数 : 3部(正本1部、副本2部)

・様式

 

 

 土地売買等届出書.xls [63KB xlsファイル]