ミス・ビードル号

 1931年(昭和6年)10月4日、クライド・パングボーンとヒュー・ハーンドン2人のアメリカ人が操縦するミス・ビードル号が、三沢市の淋代海岸から飛び立ち、41時間10分後に米国ワシントン州ウェナッチ地区に到着し、人類初の太平洋無着陸横断飛行に成功しました。