姉妹都市 その前に・・・

斗南藩と廣澤安任

 

 1871年(明治4年)、廃藩置県が行われ、藩制の廃止に伴い、青森県が誕生しました。これに深く関わったのが旧会津藩士であった斗南藩小参事の廣澤安任と言われています。明治維新直後、廣澤安任が二人の英国人を雇用し、三沢市谷地頭(当時は三沢村)に日本初の民間洋式牧場を開設しました。

 当時の様子は「開牧五年紀事」にまとめられ、福沢諭吉が序文を贈り最大限に評価していることが記されています。また、明治天皇が東北を巡幸した際に随行した大久保利通は、廣澤安任の住居兼書斎であった「六十九種草堂」を訪ね、安任を第一級の人間として認め政府への入閣を勧めましたが、「野にあって国家に尽くす」とこの地で開拓に一生を捧げることを告げたと言われます。

 廣澤安任の牧場は、牛馬の品種改良、農工具の開発、飼料・食肉等の酪農製品の生産、販売を行った日本発の近代民間様式牧場と言われ、これにより移入された外国文化は、地元居住者の生活に深く浸透していきました。

 

 航空界の夜明け 

 
 1903年(明治36年)、ライト兄弟が世界初の動力飛行を成功させ、世界で航空機の開発が加速しました。多くのパイロットが長距離飛行を競うなか、1927年(昭和2年)リンドバーグが単独でニューヨーク~パリ間 大西洋無着陸横断飛行を成功させました。
これをきっかけに航空界では太平洋無着陸横断飛行への注目が集まり、1930年から1931年にかけて多くのレースが行われました。

 

 当時、世界最短一周を目的としていた飛行家の中に、2人のアメリカ人 Clyde Pangborn クライド・パングボーンとHugh Herndon ヒュー・ハーンドンの名前がありました。そして、1931年(昭和6年)、世界早回りの外に朝日新聞社が提供した懸賞金つき太平洋無着陸横断飛行もあり、多くの飛行家が挑戦することとなるのです。

 

 

 3. 選ばれた淋代海岸

  一寒村に過ぎなかった当市の淋代海岸が太平洋横断飛行の起点として世界中から注目された理由は次のことが考えられます。  

  • 粘土と砂鉄が混じり合い地盤が固い
  • 起伏がほとんど無い
  • 細谷側~淋代側間の2,000メートルを超える砂浜の陸地
  • 日本本土の東端に位置し、北米大陸までの最短コース

 

 

 

 いよいよ挑戦

 

  淋代海岸を舞台にした太平洋無着陸横断飛行への挑戦は、1930年(昭和5年)から4回を数え、6人の米国人パイロットが挑みました。 そして  1931年(昭和6年)10月4日、離陸に向けて、ドラム缶18本分(約3,600リットル)ものガソリン、数々の食料がミス・ビードル号に積み込まれます。

 朝7時を過ぎたころ、クライド・パングボーンとヒュー・ハーンドンが操縦するミス・ビードル号は、三沢村民の見送りに最後の別れをするかのように、淋代海岸上空を一度旋回して、太平洋へ飛び立ったと言われています。

 

 

 この時、三沢村民の好意で積み込まれた「りんご」がきっかけとなり、現在の「北紅」や「星の金貨」が誕生することとなりました。  

 ミス・ビードル号は、アメリカ べランカ社製の単発5人乗りの旅客機で、長期飛行に耐えられるように客席部を燃料タンクに、空気抵抗を抑える為、車輪を切り離せるように改造しました。アメリカTidewater社の航空機用オイル「Veedol」(ビードル)の名前に由来していると言われています。

 

 

 

世界初 太平洋無着陸横断飛行成功

   

 

   

 

  

 

 

 

 

 

 

 淋代海岸を出発したミス・ビードル号は、ワシントン州 スポケーンへ向かいましたが濃い霧に包まれており着陸を断念、続いて同州西部にあるパスコへ向かうも、雲に覆われて着陸することが出来ませんでした。そして、パングボーンの母や兄弟が住み、地形についても熟知していたウェナッチを次の着陸地点として、ウェナッチへ引き返しました。

 飛行時間41時間10分後、2人の飛行士を乗せたミス・ビードル号は、人類初の太平洋無着陸横断飛行に成功しました。成功の影に、三沢村民の惜しみなく続けられた協力や援助があり、この時から、三沢市民と米国人との国際交流は始まっていると言えるでしょう。

 その後、当市は航空上の重要な地点として世界的に認められ、戦中は旧海軍の航空基地がおかれ、終戦後は米軍が駐留することとなりました。