寺山修司が愛したスペシャルメニューを復元!『寺山食堂』

「寺山食堂」のメニューには、修司にまつわる逸話が盛りだくさん!

寺山食堂は、かつて寺山修司の伯父が三沢駅(旧古間木駅)前で経営していた食堂です。青森空襲で焼き出され、この食堂に身を寄せていた修司少年は、店の窓から駅を行き交う列車や人々を眺め、ひそかに東京への憧れを育んだと言われています。

寺山修司没後30年にあたる平成25年、三沢市内店舗の協力を得て、この「寺山食堂」の名が復活。現在9店舗の「寺山食堂」では、修司の食に関する逸話と三沢産農水産物がコラボしたオリジナルメニューを提供しています。

 

 

 

 

 

 

寺山盆カレーセット

お盆に盛ったカレーライスとコーラのセットです。
三沢産パイカ肉が使用されています。

【逸話】 

寺山修司は、カレーとコーラが大好きでした。行きつけの食堂では、大食漢の修司に見合うお皿がなかったため、カレーライスを注文するとお盆に盛られて出てきたそうです。

寺山定食

餃子・すいとん汁の定食です。

三沢産ごぼうが使用されています。

【逸話】

餃子は寺山修司にとって、初めて上京した上野駅の食堂で食べて以来の大好物です。家でもよく大量に作って食べていたそうです。

寺山セット

かつ丼・とろろそばのセットです。

そばのとろろには三沢産ながいもが使用されています。

【逸話】

競馬好きの寺山修司は、競馬にいくとき、げんを担いで必ずかつ丼とそばをセットで食べていたそうです。

天井棧敷ラーメン

中華麺の代わりに細いパスタの入ったラーメンです。

【逸話】

劇団「天井棧敷」欧州公演の際、ラーメンを食べたくなった寺山修司が、当時のヨーロッパで入手しづらい中華麺の代わりにパスタで作ったラーメン。劇団員に大好評だったそうです。

寺山修司ラーメン

小川原湖名産のしじみを使ったラーメンです。

【逸話】

晩年肝臓を患った寺山修司は、肝臓によいとされるしじみ貝を買い集めて食べていたそうです。

 

提供店

店名 住所 電話番号 提供メニュー
きらく亭 三沢市本町2-71-1 0176-53-1087 寺山修司ラーメン
彩食酒楽 松喜 三沢市中央町2-1-1 三沢シティホテル内 0176-52-5748

寺山盆カレーセット・寺山セット

お食事処 和み 三沢市松園町3-10-1三沢SC内 0176-57-4322

寺山定食・寺山セット・寺山修司ラーメン

ふく田 三沢市幸町1-7-5 0176-53-1492

寺山定食・寺山セット・天井棧敷ラーメン

ヒコウキカフェ 三沢市大字三沢字北山158 青森県立三沢航空科学館内 0176-50-7777 天井棧敷ラーメン

お食事処 おおせっか

三沢市淋代平116-2945 三沢市民の森レストハウス内 0176-59-3388

寺山盆カレーセット・寺山セット・寺山修司ラーメン

道の駅みさわ くれ馬ぱ~く

三沢市谷地頭4-298-652 0176-59-2711 寺山セット
ワイン食堂 楽 三沢市中央町2-20-25 0176-51-1792 寺山盆カレーセット・寺山セット
街の社員食堂 三沢市中央町1-1-13 0176-51-2888 寺山盆カレーセット・寺山定食

 

問い合わせ先

三沢市観光物産課(電話0176-53-5111内線522・523)

一般社団法人 三沢市観光協会(電話0176-59-2311)

三沢市観光協会ホームページにも「寺山食堂」の情報を掲載しています。

「寺山食堂」リーフレット [785KB pdfファイル]