電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金のご案内

 

現在、支給準備を進めています。対象世帯に送る書類の送付時期および申請受付開始時期、申請書の様式等の詳細につきましては、決まり次第、掲載いたします。

 

 ◇緊急支援給付金について

 国の物価高騰対策に基づき、電力・ガス・食料品等の価格高騰による負担増を踏まえ、

 特に家計への影響が大きい住民税非課税世帯等に対し、1世帯当たり5万円を支給します。

 ※三沢市では国事業分5万円に加え、市独自助成として2万円を支給します。

 

 ◇支給対象となる世帯

 次の1、または2のいずれかに該当する世帯

 ※12ともに、世帯全員が、住民税が課税されている他の親族などの扶養を受けている

 場合は、対象外です。

 

 1.住民税非課税世帯

 基準日(令和4年9月30日)において三沢市の住民基本台帳に登録されており、

世帯全員の令和4年度分の住民税均等割りが非課税である世帯。

 ※生活保護受給世帯については支給要件を満たしている場合は、対象となります。

 本給付金は生活保護世帯の収入として認定されません。

 

 〈注意〉基準日において三沢市以外の市区町村の住民基本台帳に記録されている場合、

     基準日時点の市区町村より給付されます。

 

2.家計急変世帯

 1(住民税非課税世帯)のほか、予期せず令和4年1月から令和4年12月までの収入が大幅に

  減少し、1の世帯と同様の事情にあると認められる世帯。

 【注意】次に該当する場合は、支給の対象になりません。

 ・定年退職により減収

 ・収入に季節性がある事業(農業など)で、収入の少ない閑散期を任意の1か月とする申請

 

 ◇支給額

 1世帯当たり7万円(内訳:国事業分5万円、市独自助成:2万円)

(申請してから1ヶ月以内に口座振替)

【注意】住民税非課税世帯、家計急変世帯問わず受給は1世帯につき1回限りです。

12の重複はできません。

 ◇申請期限

令和5年1月31日(火曜日)

 

 ◇申請方法

 

1.住民税非課税世帯

2.家計急変世帯

申請方法

令和4年1月1日以前から世帯の全ての方が三沢市にお住いの場合

→確認書等の発送は11月下旬を予定しています。内容を確認の上、必要事項を記入して提出してください。

 

➁令和令和4年1月2日以降に転入した方が世帯の中にいる場合

申請が必要です。

申請書類は下記のページに掲載を予定しています。ダウンロードするか、総合社会福祉センター内の➇窓口にも設置しますので、必要事項をご記入し、添付書類とともに提出して下さい。

申請が必要です。

申請書類は下記のページに掲載を予定しています。ダウンロードするか、総合社会福祉センター内の➇窓口にも設置しますので、必要事項をご記入し、添付書類とともに提出して下さい。

提出先

三沢市総合社会福祉センター内➇窓口にご提出ください。

 

住所 〒0330011

   青森県三沢市幸町3丁目11番5号 

   三沢市総合社会福祉センター内

   健康福祉部生活福祉課 緊急支援給付金 担当

 

 ◇申請書等一覧

  【令和4年1月2日以降に三沢市に転入した世帯】

   1.申請書(非課税世帯申請用)、記入例 [134KB xlsxファイル] 

  

  【家計急変世帯】

   2.申請書(請求書:家計急変世帯)、記入例 [146KB xlsxファイル]  

   3.収入申立書(家計急変世帯) [107KB xlsxファイル]

  3.(2)記入例(収入申立書:家計急変世帯) [114KB xlsxファイル]

 

 ◇よくある質問(Q&A

 Q、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(10万円)を既に受給していますが、

 今回の給付金も受け取れますか。

 A、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(10万円)を受け取った世帯についても、

 今回の7万円の給付金を受け取ることが可能です。

 

 Q、住民税が課税されている「他の親族などの扶養を受けている世帯」とは、

 どのようなものですか。

 A、例えば、親(課税)から扶養されている子(非課税)の世帯や、子(課税)に

 扶養されている親(非課税)等の世帯を言います。

 また、家庭内で財産管理が別でも、課税者が非課税者を扶養に入れている場合も

 当てはまります。

 

  Q、重複申請(住民税非課税世帯給付金と家計急変世帯としての申請)はできますか。

 A、非課税世帯と家計急変世帯の重複申請は出来ません。また、他の自治体との重複申請も

 出来ません。

 

 Q、私の世帯は対象になるか確認したいです。

A

1.令和4年度住民税非課税世帯

 対象となる世帯の世帯主宛てに令和4年11月下旬以降、確認書を発送予定です。

 必要事項をご記入の上、返送または総合社会福祉センター(8)窓口へ提出してください。

 ※また、令和4年度の住民税未申告の方や、令和4年1月2日以降に転入された方がいる世帯

 で給付金の対象となる可能性がある世帯は申告が必要です。

 

2.家計急変世帯

 世帯全員の収入状況を確認の上、ご申請ください。申請していただいても、審査の結果、

 対象とならない場合もあります。

 

Q、給付金はどのように受け取りますか。

A、原則として、世帯主名義の金機関口座への振込となります。

 

Q、外国人は給付対象ですか。

 A、令和4年9月30日時点に住民基本台帳に記録されている外国人は、

 給付対象者となります。

 なお、租税条約に基づく課税免除の適用を受けている方については、

 本給付金の対象とはなりません。

 

Q、準備する書類は申請書だけで良いですか。

A

1,住民税非課税世帯

  申請する場合は、本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、

  パスポート等の写し)、振込先口座の確認書類(金融機関名、口座番号、

  口座名義人がわかる通帳、キャッシュカードの写し)が必要です。

  現住所と令和4年1月1日の住所が異なる場合、令和4年度非課税証明書の写しが必要です。

 

2,家計急変世帯

  収入額が確認できる書類(給与明細等)のほか、本人確認書類(マイナンバーカード、

  運転免許証、パスポート等の写し)、振込先口座の確認書類(金融機関名、口座番号、

  口座名義人がわかる通帳、キャッシュカードの写し)が必要です。

 

 Q、世帯主が、身体が不自由(施設入所者含む)で、自分で確認書の返送や申請書の提出が

 できない場合は、どのようにしたら良いですか。

 A、本人(世帯主)による確認書の返送や申請書の提出が困難な方は、代理人が行うことも

 可能です。

 代理申請には、代理人の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等の写し)が

 必要です。

 また、申請書には世帯主の記名と印鑑による押印が必要になります。

 

〇配偶者等からの暴力(DV)等で避難されている方へ

 ・避難前の住所地の世帯が既に給付金を受け取っている場合でも、一定の要件

 (DV避難中であることの証明、収入要件)を満たせば、基準日において居住地に

 住民票を移していなくとも、現在お住いの市区町村から給付金を受給することができます。

 

 ・配偶者等の扶養に入っている場合でも、DV避難者は独立した生計を立てている者と

  みなし、ご自身の収入が住民税非課税世帯相当である場合には受給できます。

 

給付対象となる配偶者等からの暴力を理由に避難されている方の要件

 次のいずれかに該当している場合、DV等避難中であることの一定の要件に該当

 します。

 

1)配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けている。

(配偶者に対する保護命令決定書の謄本と確定証明書などが発行されていること。)

 (2)婦人相談所による「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」が

  発行されていること。なお、配偶者暴力相談支援センター、行政機関やDV被害者支援を

  行っている民間団体が発行した確認書が発行されている場合も、証明書と同様のものとし

  て取り扱う。

 (3)基準日の翌日以降に住民票が居住市町村へ移され、住民税基本台帳事務における

  支援措置(閲覧制限等)の対象となっていること。

 (支援措置決定通知書が発行されていること。)

 (4)申出者と住民票上の世帯との間に生活の一体性がないと認められる場合。

 (申出者の配偶者に対して、児童への接近禁止命令が発令されている場合等。)

 

◇給付金をかたった詐欺にご注意ください。

 ご回答いただいた書類の内容に不明な点があった場合、三沢市から問い合わせをすることが

 ありますが、

 ・ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすること

 ・受け取りのための手数料などの振込をもとめること

は絶対にありません。

 

◇不審な電話・メールがあった場合には

・三沢市消費生活センター(0176-53-5350)

・最寄りの警察署

・警察相談用電話(#9110)

 

◇お問い合わせ

健康福祉部 生活福祉課 緊急支援給付金担当 0176-51-8770