緊急度判定プロトコルVer.2 救急受診ガイド(家庭自己判断)とは?

 病院に行った方がいいのか、行くならば、救急車を呼んだ方がいいか?自分で病院やクリニックを受信した方がいいか?どれぐらい急いで受信した方がいいか?、などについて判断することはなかなかむずかしいものです。

 この『救急受診ガイド』は、急な病気やけがをした際に「いつ病院を受信したらいいか?」「救急車を呼んだ方がいいか?」と迷った際にご自身の判断の一助になることを目的に『東京版救急受診ガイド』をもとに総務省消防庁の「緊急度判定体系に関する検討会」が作成したものです。

いつ使うか?

■病院やクリニックに行った方がいいかどうか?

■行くなら急いだほうがいいのか?待てるのか?

■救急車を呼んだ方がいいのかどうか?

 などで迷ったときは、ご利用ください。

データダウンロード

 

緊急度判定プロトコルVer.2 救急受診ガイド(家庭自己判断).pdf [4172KB pdfファイル]