三沢市では、お子さんの医療費の一部負担金を給付することで、保護者の経済的負担を軽減し、子どもの保健・育児環境・生活環境の向上を図ることを目的に「子ども医療費給付事業」を行っております。病院や薬局等で保険証と一緒に「受給資格証」を提示することで、保険が適用される医療費の支払が不要になります。

平成29年7月1日診療分から所得制限がなくなりました。

 

対象のお子様

三沢市に住所がある、0歳から15歳に達した日以後の3月31日まで      

                               

対象の医療費

入院・外来・処方箋による薬剤・補装具 

 

 

 

受給資格証の申請に必要なもの

  1. 健康保険証(お子さん本人のもの、又はお子さんの名前が扶養親族として記載されているもの)
  2. 印鑑(スタンプ印不可)
  3. 扶養者(保護者)のマイナンバーカード又は通知カード
  4. 子ども医療費受給資格認定申請書(兼同意書) [86KB pdfファイル]  

(通知カードの場合は本人確認の為運転免許証等の顔写真付身分証も必要になります)

※転入された方は、その年の1月1日に住所を有していた市区町村役所(場)からの所得課税証明書等が必要になる場合があります。(1月~6月までの間に申請する時は前々年分、7月~12月までの間に申請する時は前年分)

受給資格証の更新

受給資格証の有効期限は1年間で、1歳から6歳までのお子さんは毎年誕生月に、7歳から15歳までのお子さんは毎年6月に更新の手続きが必要となります。受付は有効期限の2週間ほど前から行います。その際に必要なものは、上記の「受給資格証の申請に必要なもの」に記載している内容と、現在お持ちの受給資格証になります。

※有効期限については、受給資格証に記載してあります。

【有効期限開始日が平成29年7月以降のもの】

未就学児…開始日~6歳に達した3月31日まで

小中学生…6歳に達した4月1日~15歳に達した3月31日までの有効期限となります。 

 

子ども医療費の給付申請について

原則として、青森県内の病院等の受診時に、保険証と一緒に受給資格証を提示することで、保険が適用される医療費の支払いが不要になりますが、受給資格証を提示しなかった時、または青森県外の医療機関にかかった時は、一旦、病院等の窓口で医療費の支払いをしていただくことになります。その場合は、後日、国保年金課の窓口に領収書と一緒に申請することで、保険が適用される医療費の給付を受けることができます。ただし、受付できる領収書には期限があります。

申請する際は、以下のものを窓口に持参してください。
  • 受給資格証
  • 健康保険証(お子さん本人のもの、又はお子さんの名前が扶養親族として記載されているもの)
  • 印鑑(スタンプ印不可)
  • 銀行預金通帳(コピーを取らせていただきます)
  • 医療費の領収書
 領収書期限

受診月の翌月から6ヶ月以内

交付金の活用

この事業は、防衛省の所管に係る補助金を活用しています。

幼児の医療費給付には、防衛省 再編交付金を活用しています。

     事業期間 : 平成20年度から30年度

     事業経費 : 93,000,000円(交付金額)

 

     【内訳】   21,000,000円(平成20年度)

            50,000,000円(平成21年度)

            22,000,000円(平成25年度)

※防衛省 再編交付金は、幼児医療費給付事業の促進および継続に役立っています。

 小中学生の医療費給付には、防衛省 調整交付金を活用しています。

     事業期間 : 平成23年度から平成33年度

     事業経費 : 284,704,000円(交付金額)

 

     【内訳】     72,000,000円(平成23年度)

            212,704,000円(平成24年度)

  ※防衛省 調整交付金は、小中学生医療費給付事業の促進および継続に役立っています。

 子ども(所得制限外分)の医療費給付には、防衛省 調整交付金を活用しています。

     事業期間 : 平成29年7月から平成38年度

     事業経費 : 200,000,000円(交付金額)

 

     【内訳】     200,000,000円(平成29年度)            

  ※防衛省 調整交付金は、子ども医療費給付事業の促進および継続に役立っています。