ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

MENU

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

障害福祉

公共施設等使用料等減免条例が制定されました
障がい者及び障がい者の扶養者等の経済的負担の軽減とともに、障がい者の自立と社会参加の促進を図ることにより、障がい者の福祉の増進に資することを目的として、市の公共施設における障がい者等を対象とした使用料等の減免制度の実施を開始しました。(令和5年10月1日施行)
令和5年度三沢市店舗等ユニバーサルデザイン推進補助金
共生社会の実現を目指し、ユニバーサルデザインの推進に より障がい者、高齢者等の社会参加を促進するため、店舗等のバリアフリー化などユニバーサルデザインの推進及び合理的配慮の提供に要する経費を補助します。
医療的ケア児とそのご家族に対する支援について
 親なき後支援事業は、「親なき後」問題や障がいのある方の高齢化による重度化の問題に備えるとともに、障がいのある方が住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう様々な支援を切れ目なく提供できる仕組みを構築し、障がい者やその家族の緊急事態に対応するもので、精神障がい・知的障がいのある方とその家族を対象に以下の支援を行います。  
【受付は終了しました】令和5年度手話奉仕員養成講座(入門編)の受講生募集
市民一人ひとりが、手話がろう者にとって大切な言語であることを理解し、手話を必要とする人が安心して日常生活や社会生活を送ることができるまちづくりに取り組むことで、ろう者とろう者以外の人がお互いを尊重し、支え合いながら幸せに暮らすことができる共生社会の実現を目指し、三沢市手話言語条例を制定しました。(令和3年4月1日施行)
障がい者支援WEBポータルサイトを開設しました
障がいのある、なしに関わらず、全ての人たちがそれぞれの能力や個性を発揮し、共に支え合いながら生き生きと暮らすことのできる共生社会の実現を目指し、しごとやアート、趣味の活動などを通じて地域でつながるをコンセプトに、障がいのある人とない人が出会い、つながり、交流し合えるきっかけを提供する場として、このたび三沢市障がい者支援WEBポータルサイトを開設することとなりました。
手話言語条例が制定されました
市民一人ひとりが、手話がろう者にとって大切な言語であることを理解し、手話を必要とする人が安心して日常生活や社会生活を送ることができるまちづくりに取り組むことで、ろう者とろう者以外の人がお互いを尊重し、支え合いながら幸せに暮らすことができる共生社会の実現を目指し、三沢市手話言語条例を制定しました。(令和3年4月1日施行)
三沢市障害者支援協議会について
 親なき後支援事業は、「親なき後」問題や障がいのある方の高齢化による重度化の問題に備えるとともに、障がいのある方が住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう様々な支援を切れ目なく提供できる仕組みを構築し、障がい者やその家族の緊急事態に対応するもので、精神障がい・知的障がいのある方とその家族を対象に以下の支援を行います。  
親なき後問題等に対応した支援をしています(親なき後支援事業)
 親なき後支援事業は、「親なき後」問題や障がいのある方の高齢化による重度化の問題に備えるとともに、障がいのある方が住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう様々な支援を切れ目なく提供できる仕組みを構築し、障がい者やその家族の緊急事態に対応するもので、精神障がい・知的障がいのある方とその家族を対象に以下の支援を行います。  
共生のこころ育む条例(三沢市障がいのある人もない人も幸せに暮らせる共生のまちづくり条例)が制定されました
 障害の有無にかかわらず、互いに支えあい、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らし、幸福を追求することができる共生社会の実現を目的とする「共生のこころ育む条例(正式名称:三沢市障がいのある人もない人も幸せに暮らせる共生のまちづくり条例)」が制定されました。(令和2年4月1日施行)  
児童発達支援等サービスの無償化
 2019年10月1日から、3歳から5歳までの障がいや発達に課題のある子どもたちのための児童発達支援等の利用者負担が無償化されます。就学前の障害児を支持するため、下記のサービスについては、対象者の利用者負担を無料とします。
三沢市第3期障がい者計画を策定しました
 三沢市では、障害者基本法第11条第3項に基づく市町村障害者計画として、2023年までの三沢市における障がい福祉施策を推進する上での基本的な方針を定めた「三沢市第3期障がい者計画」を策定しました。
三沢市第6期障がい福祉計画及び第2期障がい児福祉計画を策定しました
 三沢市では、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)」に基づき、2023年までの目標及び障害福祉サービスの見込量を示した「三沢市第6期障がい福祉計画及び第2期障がい児福祉計画を策定しました。
コミュニケーションボード
 三沢市では、話し言葉によるコミュニケーションが苦手な方や日本語が分からない外国の方に対応する「コミュニケーションボードを市役所の各窓口に設置しました。
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

三沢市役所

〒033-8666 青森県三沢市桜町1-1-38
電話番号:0176-53-5111(代表)FAX番号:0176-52-5655
開庁時間:午前8時15分から午後5時まで
閉庁日 :土曜日、日曜日、祝休日、
年末年始(12月29日から1月3日)

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる