「あんしんねっと」とは?

 認知症になると、記憶力・判断力が低下し、道を間違えたり自分の家がわからなくなることがあります。

「あんしんねっと」とは、行方不明になる可能性のある方の名前や特徴、写真などの情報を事前に登録しておくことで、実際に行方不明になった時に少しでも早く発見し、ご家族のもとへ帰れるよう支援するためのネットワークです。

 詳しくはチラシをご覧ください。

介護者の方へ

あんしんねっとチラシ(登録者用) [330KB pdfファイル] 

あんしんねっと様式(登録者用) [160KB pdfファイル] 

事業所の方へ

あんしんねっとチラシ(協力団体用) [318KB pdfファイル] 

あんしんねっと様式(協力団体用) [108KB pdfファイル] 


 三沢市高齢者ほっとワーク見守り隊の事業者を募集しています

三沢市では、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせる地域づくりのために、日ごろの業務のなかで高齢者に対して「いつもと違うかも?」と感じることなどを市へ情報提供をしていただき必要な対応につなげていく「三沢市高齢者ほっとワーク見守り隊事業」に参加・協力していただける事業者を募集しています。詳しくは、下記のリンクをご参照ください。

高齢者をあたたかく見守る「ほっとワーク見守り隊」に参加しませんか?

「これって認知症?」(認知症簡易チェックシステム)をご利用ください

ご家族などの身のまわりやご自身など、「ひょっとして認知症なの?」などと思うとき、パソコンや携帯電話、スマートフォンで簡単に認知症のチェックを行えます。ご利用料金は無料ですのでお気軽にご活用ください(通信料は自己負担)。下記リンクからご利用いただけます。

これって認知症?(認知症簡易チェックシステム)