お知らせ

平成24年11月から、4種混合ワクチンの接種が開始となりました。詳しくはこちらをご覧ください。

※平成24年11月に定期の予防接種が3種混合(百日せき・ジフテリア・破傷風)から4種混合(百日せき・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ)に切り替わり、平成26年12月には3種混合ワクチンが販売終了となりました。
 そのため、3種混合ワクチンは接種できません。
 定期接種の対象者であり、まだ3種混合ワクチンの接種が完了していない場合は、4種混合ワクチンでの接種をお願い致します。

3種混合ワクチンについて

3種混合ワクチンは、ジフテリア・百日ぜき・破傷風の3種類のワクチンが混合されているものです。不活化ワクチンで、腕に皮下注射します。

ジフテリア

ジフテリア菌がくしゃみなどの飛沫(ひまつ)により感染しかかる病気です。感染して1日から6日で症状が現れ、菌が入った場所(のど、鼻など)により症状が変わります。喉では発熱や嘔吐、咳、かすれ声(嗄声;させい)喉に白い膜ができる、鼻では鼻炎、鼻水に血が混じるなどです。菌の出すジフテリア毒素によって神経炎・心筋炎など重い合併症にかかることがあります。

百日ぜき

百日ぜき菌の飛沫感染によりかかる病気です。感染すると1週間から2週間ほど風邪っぽい症状が続き、次に激しい咳の発作が出るとせき込み、呼吸できないほど苦しくなります。そのため呼吸がヒューヒューと鳴ったり、息ができず酸素不足でチアノーゼやけいれん、顔や眼の充血、重い合併症に脳症が起こる場合があります。咳は減少しながら2か月近く続きます。

破傷風

破傷風菌は土や埃の中に潜んでいる菌で、体にできた傷の中に土や泥が入ったり汚れた木や金属片(釘など)が刺さることで侵入します。体内で菌が毒素を産生し中枢神経を侵すため、神経の伝達がうまくいかず刺激により全身のけいれんや強いこわばりがみられ重症ではなくなることがあります。

接種方法 

1期・初回
対象年齢

生後3か月から90か月未満

標準的な接種期間

生後3か月から18か月

接種回数

20日以上(標準的には20日から56日の間隔)あけて3回接種

1期・追加
 対象年齢

生後3か月から90か月未満

 標準的な接種期間

初回接種の3回目終了より、6か月以上(標準的には12か月から18か月の間隔)をおいて接種

 接種回数

1回

 


 

2種混合ワクチンについて

2種混合ワクチンは、ジフテリア・破傷風の2種類のワクチンが混合されているものです。不活化ワクチンで、腕に皮下注射します。

 対象年齢

11歳から13歳未満(小学6年生)

 標準的な接種期間

11歳から12歳になるまでの期間

 接種回数

1回