「R3年度ゲートキーパー養成講習会」中止のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、令和3年度の市民を対象としたゲートキーパー養成講習会は、参加者の健康・安全面を第一に考慮した結果、やむを得ず中止することといたしました。参加をご検討しておりました皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

 

命の門番「ゲートキーパー」について

 ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る人のことです。悩みを抱えた人は、「人に悩みを言えない」「どこへ相談に行ったらよいかわからない」等の状況に陥ることがあります。そんな時、話をよく聞き、一緒に考えてくれるゲートキーパーがいることは、悩んでいる人の孤立を防ぎ、安心を与えます。

 ゲートキーパーの役割

 1.気づき・・・家族や仲間の変化に気づいて声をかける

 2.つなぎ・・・早めに専門家に相談するよう促す

 3.傾 聴・・・本人の気持ちを尊重し、耳を傾ける

 4.見守り・・・温かく寄り添いながら、じっくりと見守る

 

ゲートキーパーの養成について

 三沢市では、平成31年3月に「いのち支える三沢市自殺対策計画」を策定しており、「誰も自殺に追い込まれることのないまち」を基本理念として、様々な取組みを進めています。この取組みの中には、ゲートキーパーの養成を目的として、ゲートキーパー養成講習会とゲートキーパーフォローアップ講習会を開催しております。

養成講習会

 自殺対策の正しい知識や声のかけ方、対処方法等を講義・グループワーク等から学びます。3回ある講習会のうち、2回受講され方には修了証をお渡しします。

フォローアップ講習会

 養成講習会修了者を対象として、応用的・専門的な講義とグループワークのほか、意見交換や事例検討等を行い、ゲートキーパーのスキルアップを目指します。