不活化ポリオワクチン予防接種間隔の一部変更について

ワクチンの接種間隔が一部変更になりました。詳しくは下記をご覧ください。

ポリオ(急性灰白髄炎)とは

ポリオは「小児まひ」とも呼ばれ、ポリオウイルスによって主に四肢に、左右対称ではない、筋の緊張がゆるくなる性質をもつまひを引き起こす病気です。日本でも1960年代前半までは流行を繰り返していましたが、予防接種の効果により1980年を最後に野生株ポリオウイルスによるまひ患者の発生はなくなり、2000年にWHOは日本を含む西太平洋地域のポリオ根絶を宣言しました。しかし、現在でもインド、パキスタンなどの国々では野生ポリオウイルスによるポリオの発生がみられています。

ポリオウイルスはヒトからヒトへと感染します。感染したヒトから排泄された便中のウイルスが次のヒトの口から入り、のどや腸管で感染・増殖します。

症状はどのようなもの?

ポリオウイルスに感染してもほとんどの場合は症状がでず、一生抵抗力(終生免疫)が得られます。症状がでる場合、ウイルスが血液を介して脳、脊髄へ感染が広まり、まひを起こすことがあります。

ポリオウイルスに感染すると100人中5人から10人は、かぜ様の症状があり、発熱を認め、続いて頭痛、嘔吐があらわれます。また、感染した人の中で約1,000人から2,000人に1人の割合で手足のまひを起こします。一部の人にはそのまひが永久に残ります。まひ症状が進行し、呼吸困難により死亡することもあります。

不活化ポリオワクチンの予防接種がスタートしています

厚生労働省から、予防接種実施規則の一部を改正する省令が公布されました。
それに伴い、ポリオ(急性灰白髄炎)の予防接種ワクチンについて、従来、口から接種されていた生ワクチンの接種は廃止となり、

皮下注射による不活化ワクチンの接種に一斉に切り替えとなっております。

三沢市では、平成24年9月10日より、委託医療機関に申し込んで接種を行う「個別接種」に変更して実施しております。

不活化ワクチンとは?

細菌やウイルスを殺して、抵抗力(免疫)をつくるのに必要な成分を取り出して毒性をなくして作ったワクチンです。ほかに日本で行われている不活化ワクチンの例として、ジフテリア・百日咳・破傷風(DPT)三種混合ワクチンや、インフルエンザワクチン、子宮頸がんワクチン、ヒブワクチンなどが当てはまります。

生きた細菌やウイルスの毒性を弱めた「生ワクチン」と比べて安全に接種できるメリットはありますが、体内で細菌やウイルスは増殖しないためしばらくすると少しずつ抵抗力(免疫)が減ってしまいます。そのため、必要な接種回数や間隔を満たさない場合、本来の目的である感染症を予防するのに十分な抵抗力(免疫)が得られません。ですので、必要な抵抗力(免疫)を保つためには、それぞれのワクチンの性質に応じて一定の間隔で複数回接種したり、必要に応じ追加接種していただくことが必要となります。

ポリオワクチンの対象年齢

生後3か月から90か月(7歳6か月)未満です。
 

不活化ポリオワクチンの標準的な接種期間及び接種間隔

不活化ポリオワクチンの標準的な接種期間(効果的に免疫ができる期間)は、
初回接種については生後3か月から12か月です。

【初回接種】3回接種

20日以上あけて接種します。
(20日から56日の間隔をあけることが望ましいとされています)

【追加接種】1回接種

初回接種を終えてから、6か月以上(標準的には1年~1年半の間隔をあけることが望ましいと言われています)あけて1回接種します。

接種回数

今までのポリオワクチンの接種状況を母子手帳をご覧になり、不活化ワクチンの必要な回数をご確認ください。

今までの接種状況

 

不活化ワクチンの接種回数

接種間隔
1

ポリオ生ワクチンを、1回も接種をしていない(3種混合ワクチンも接種していない場合は例5へ)

初回接種3回と追加接種1回の、合計4回の接種が必要です。

20日以上の間隔をおいて3回接種、その後6か月以上(標準的には12か月から18か月)あけて1回接種

2

ポリオ生ワクチンを、1回接種している

初回接種2回と追加接種1回の、合計3回の接種が必要です。

20日以上の間隔をおいて3回接種、その後6か月以上(標準的には12か月から18か月)あけて1回接種

3

未承認の不活化ポリオワクチンを、1回から3回接種している

不活化ワクチンが合計4回となるよう、不足の回数を接種することができます。

20日以上の間隔をおいて3回接種、その後6か月以上(標準的には12か月から18か月)あけて1回接種

4

ポリオ生ワクチンを、2回接種している

すでに規定回数を満たしていますので、接種の必要はありません。

 

 

5 ポリオワクチンも、3種混合ワクチンも、まったく接種していない 不活化ポリオワクチンと3種混合ワクチンが混入された、4種混合ワクチン予防接種を受けることができます。 4種混合ワクチンの接種方法に従ってください。
6 4種混合ワクチンを、1回以上接種している →  単独のポリオワクチンの接種はできません。 4種混合ワクチンの接種方法に従ってください。 

接種方法及び接種量

委託医療機関での個別接種となります。委託医療機関に予約をしてから受診してください。
不活化ポリオワクチン(ソークワクチン)を、1回0.5ml皮下注射します。

委託医療機関につきましては、送付された案内文書をご覧ください。

お問合せ先

三沢市保健相談センター(三沢市健康推進課)
  三沢市中央町一丁目3-10
  電話 0176-57-0707
  受付時間 8時15分から17時00分まで(土日祝日、年末年始を除く)