平成24年11月から4種混合ワクチンの予防接種が始まりました

この予防接種は、現在行われている3種混合ワクチン(ジフテリア・百日ぜき・破傷風)に、不活化された(ウイルスの病原性をなくした)ポリオワクチンを合わせたワクチンです。

なお、すでに3種混合ワクチンや単独のポリオワクチンを接種している方など、一部の方は対象外となりますのでご注意ください。詳しくは、下記の「対象者」をご覧ください。

対象者

以下の要件をいずれも満たしている方が対象となります。

  • 生後3か月から90か月未満のお子さま
  • 3種混合ワクチンや、単独のポリオワクチンのいずれも、今までにまったく接種したことがないお子さま

(注意)3種混合ワクチン、単独のポリオワクチンのどちらか一方の予防接種を、すでに1回でも接種済みの方は対象外となります。またその場合、途中から4種混合ワクチンへの切り替えは原則できません。お手数ですが、引き続き3種混合ワクチンおよび単独のポリオワクチンの接種方法に従い接種を進めてくださいますようお願いいたします。

標準的な接種期間および接種回数

4種混合ワクチン予防接種は、必要な抵抗力(免疫)を獲得するまでに複数回接種していただくことが必要です。

初回免疫

生後3か月から12か月に達するまでの期間に、20日以上(標準的には20~56日)間隔をおいて3回接種していただきます。

追加免疫

初回免疫の3回目を接種後、6か月以上(標準的には12か月から18か月未満)の間隔をおいて1回接種していただきます。

接種場所

4種混合ワクチンは、医療機関で行う「個別接種」となります。実施医療機関につきましては、個別お送りしているお知らせをご覧ください。

このような場合は…

今までに3種混合ワクチンを1回、不活化ポリオワクチンを1回接種しました。
2回目以降を4種混合ワクチンに切り替えできますか?

4種混合ワクチンの導入にかかわらず、原則として3種混合ワクチンと単独の不活化ポリオワクチンの残り回数分を、それぞれ接種してください。