NPOとは?

 NPOは、英語のNon-Profit Organizationの略で、「民間非営利組織」のことです。
 「民間」とは、「政府の支配に属さないこと」、「非営利」とは、「あがった利益は、活動目的を達成するための費用に充てること」です。
 つまり、会社などの利益を得ることを目的とした組織とは違い、NPOは社会的な使命を達成することを目的とした組織ということになります。
 その中でも、法人化した組織を「NPO法人」と呼びますが、一般的に「NPO」というと「NPO法人」を指していると思っている人が多いようです。
 正しくは、「NPO」とは、法人化した組織も含めて、市民活動をする団体やボランティア団体を総称したものを指します。
 

NPOの活動とは?

 NPOの活動分野は、福祉やまちづくり、環境保全など様々な分野がありますが、NPO法(特定非営利活動促進法)では下記の17の項目について、「特定非営利活動」と呼んでいます。

分類No. 活動分野

1

保健、医療又は福祉の増進を図る活動
2 社会教育の推進を図る活動
3

まちづくりの推進を図る活動

4 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
5 環境の保全を図る活動
6 災害救援活動
7 地域安全活動
8 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
9 国際協力の活動
10 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
11 子どもの健全育成を図る活動
12 情報化社会の発展を図る活動
13 科学技術の振興を図る活動
14 経済活動の活性化を図る活動
15 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
16 消費者の保護を図る活動
17

前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する

連絡、助言又は援助の活動

 

NPOの役割とは? 

 ある社会的なサービスを提供するには、政府・自治体などが行おうとすれば広く多くの人の了解が必要です。また、企業は利益が上がる見込みのないサービスを提供することは考えにくいものです。
 NPOは、こうした政府・自治体や企業では扱いにくいニーズに対応する活動を自発的に行う組織です。
 住民のニーズが多様化しているいま、NPOは社会的にも重要な役割として欠かせないものとなっています。

NPOとボランティアの違いは?

 どちらも、自ら進んで活動をするという点では同じですが、ボランティアは個人の思いを、NPOは組織の社会的な役割を意識した言葉です。
 ボランティ活動は、よりよい社会づくりのために、個人が行う金銭的な見返りを求めない活動であることに対して、NPOは社会的な使命達成のために活動する組織であり、社会的サービスを提供しながら社会的な課題の解決を目指すものです。