消防救助技術大会の訓練見学会

~目指せ!全国消防救助技術大会~  

  

 三沢市消防署では、毎年7月初旬に開催される「消防救助技術青森県大会」において、県大会を突破し、東北大会並びに全国大会出場に向けて、日々訓練に励み、救助技術の向上に努めています。

 この大会は、救助技術の高度化に必要な基本的要素を取入れ、鍛え磨き上げることで、救助活動に不可欠な「体力」、「精神力」、「技術力」を養うとともに、隊員同士が競い合い学ぶことで、市民の期待に力強く応えることを目的としています。

 三沢市消防署では、今年度からこの救助訓練を「見学会」として、市民の皆様へ公開することとなりました。

 皆様の応援が救助隊員にとって、上位の成績を修めるための糧となりますので、是非、見に来てください。

 

公開日時

令和元年6月17日(月)から6月28日(金)まで

10時30分から11時30分まで(祝日土曜日日曜日を除く)

訓練場所

三沢市消防本部庁舎 北側 訓練場

 

駐車場

三沢市火葬場駐車場(訓練場西側)をご利用ください。  

訓練種目

【障害突破】

 

 5人1組(補助者を含む)で、「高塀を乗り越える」、「はしごを昇る」、「ロープを渡る」、「ロープを降下する」、「煙道を通過する」の動作により、5つの障害を突破する競技です。

  

                                          

【ロープブリッジ救出】

 

 4人1組(要救助者を含む)で、水平に展張されたロープを渡り、対面する塔へ進入し、要救助者を牽引して救出する競技です。

【引揚救助】

 

 5人1組(要救助者を含む)で、高所からロープで降下し、低所にいる要救助者を検索し、高所へ引揚て救出する競技です。

 

 【ほふく救出】

 

 3人1組(要救助者を含む)で、長さ8メートルの煙道を空気呼吸器を背負い進入し、要救助者を引きずって救出してくる競技です。

 

問い合わせ

三沢市消防署

TEL 54-4212  消防署庶務係 (内線215、216)

※見学の申し込みは不要です。

※災害が発生した場合は、中止する場合もあります。

ライフイベント