三沢市行政史文書とは?

 三沢市に保存されている古い行政文書で、明治初期から昭和初期までの文書2,639冊を行政史文書編年目録に登載し、三沢市行政史文書と称しております。
この内訳は、明治時代のものが1,687件、大正時代のものが660件、昭和時代のものが225件、年代不明のものが67件となり、明治時代のものが圧倒的に多いのが特徴です。
明治時代の文書が多数残されており、県など他の自治体には残っていない文書もあるため、当時の様子を知る上で、全国的にも貴重な資料となっております。

行政史文書の公開方法について

 この貴重な行政史文書の原本の損傷を防ぐため、原則として、パソコンによるデジタル画像の閲覧とさせていただきます。
このシステムは、時代・年代・文書名等で検索することにより、文書閲覧するもので、現在、下記の2箇所において公開しております。

  • 三沢市役所総務課 0176-53-5111(内線209)
  • 三沢市立図書館  0176-53-6040

 なお、閲覧の際には、「行政史文書等閲覧申請書」を提出してください。

行政史文書等閲覧申請書 [55KB pdfファイル]  

申請書関連