三沢市では自殺対策基本法の改正、自殺総合対策大綱の策定に伴い「いのち支える三沢市自殺対策計画」を2019年3月に策定いたしました。

いのち支える三沢市自殺対策計画では、個人だけでなく、家庭、学校、職場、地域等が連携して取り組んでいくことも重要であり、全ての人がかけがえのない個人として尊重され、生きがいや希望をもって暮らすことができるよう、生きることの包括的な支援が受けられる体制づくりを充実させ、基本理念の「誰も自殺に追い込まれることのないまち」の実現にむけ施策を推進していくこととしております。

1 計画の理念

   「誰も自殺に追い込まれることのないまち」

人々が自殺に追い込まれていく状況を防ぎ、市民と地域、行政、関係機関が一体となって、お互いが命を大切にしあえる社会づくりを推進します。 

2  計画の基本的な方向  

実現のために、次の4つの基本的な目標を設定します。

基本目標1  関係機関の連携による「仕組み」づくりの推進

基本目標2  支えあいのための「地域」づくりの推進

基本目標3  市民が主役となる「取組み」の推進

基本目標4  必要な時に活用できる「支援」の充実

3  計画期間

 2019年を初年度とし、2023年までの5年間を計画期間とします。

4 計画書

 いのち支える三沢市自殺対策計画.pdf [3355KB pdfファイル] 

 

ライフイベント