生活保護法の目的

 日本国憲法第25条に規定する理念に基づき、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的としています。

 

 詳しくは生活保護のしおりをご覧ください。☟

 《 生活保護のしおり(窓口 面接用).pdf [772KB pdfファイル]  》 

 

 生活保護についての相談は、生活福祉課(保護係)へお問い合わせください。

ライフイベント