次の場合は、いったん全額自己負担となりますが、申請して認められた場合、自己負担分を除いた額が払い戻されます。

急な病気やけがなどで保険証を使わないで医療を受けた場合 
 
申請に必要なもの 診療内容の明細書
領収書
保険証
印鑑
世帯主の振込銀行口座のわかるもの(通帳等)

 

医師が治療上必要と認めた治補装具(コルセット、ギプス、義足など)を購入したとき
 
申請に必要なもの
医師の診断書、又は指示書
領収書
保険証
印鑑
世帯主の振込銀行口座のわかるもの(通帳等)

 

医師が必要と認めた、はり、灸、マッサージなどの施術を受けたとき
  
申請に必要なもの
医師の同意書
領収書
保険証
印鑑
世帯主の振込銀行口座のわかるもの(通帳等)

 

骨折やねんざなどで国保を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき 
 

申請に必要なもの

診療内容の明細書
領収書
保険証
印鑑
世帯主の振込銀行口座のわかるもの(通帳等)

 

医師が必要と認めた、手術などで輸血に用いるための生血代がかかったとき 
 

申請に必要なもの

医師の診断書と輸血証明書
領収書
保険証
印鑑
世帯主の振込銀行口座のわかるもの(通帳等)

 

海外渡航中に急病で医療機関にかかったとき(海外療養費) 
 

申請に必要なもの

診療内容の明細書と領収明細書(翻訳添付)
保険証
印鑑
世帯主の振込銀行口座のわかるもの(通帳等)

※詳しくはお問い合せください

 

ライフイベント