HPVワクチンは、平成25年6月から、積極的な勧奨を一時的に差し控えていましたが、令和3年11月に、専門家の評価により「HPVワクチンの積極的勧奨を差し控えている状態を終了させることが妥当」とされ、対象者へ個別通知による勧奨を再開することとなりました。キャッチアップ接種についてはコチラをご覧ください。

HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症について

 子宮頸がんは、子宮頸部にできるがんで、日本では年間11,000人が発症し、約2900人が亡くなっています。若い世代の女性のがんの中で多くを占めます。子宮頸がんはHPVというウイルスの感染によっておこるといわれています。HPVには200種類以上のタイプがあり、子宮頸がんの原因となるタイプは少なくとも15種類あることがわかっています。発がん性HPVに感染しても、多くの場合、感染は一時的で、ウイルスは自然に排出されますが、ウイルスが排出されずに感染した状態が長期間続く場合があります。そのうち、ごく一部のケースで数年~数十年かけて前がん病変(がんになる手前の細胞)の状態を経て子宮頸がんを発症します。

 HPVワクチンは子宮頚がんを起こしやすいタイプであるHPV16型と18型の感染を防ぐことができ、子宮頸がんの原因の50~70%を防ぐことができます。

予防接種の有効性

 現在国内で接種できる子宮頸がん予防ワクチンは、国内外で子宮頸がん患者から最も多く検出されるHPV16、18型に対する抗原を含んでいる2価ワクチン(サーバリックス)と、尖圭コンジローマなどの原因ともなる6、11型も加えられた4価ワクチン(ガーダシル)があります。HPV未感染者を対象とした海外の報告では、感染及び前がん病変の予防効果に関して両ワクチンとも高い有効性が示されており、初回性交渉前の年齢層に接種することが各国において推奨されています。ただし、HPVワクチンの接種を受けた場合でも、免疫が不十分である場合や、ワクチンでは予防できない型による子宮頸がんの可能性があり得ますので、20歳を過ぎたら定期的に子宮頚がん検診をうけることが大切です。

対象者

以下の条件にすべて該当する方

・接種日現在、三沢市に住民登録がある方

・平成18年(2006年)4月2日~平成23年(2011年)4月1日生まれの女子

 (令和4年度に小学6年生から高校1年生相当年齢の女子)

標準的な接種年齢

中学1年生の間に3回接種(13歳となる日の属する年度の当日から年度の末日までの期間)

※3回接種を完了させるためには、おおむね6か月ほどの期間が必要となりますのでご注意ください。

接種期限

高校1年相当年齢の年度末まで(16歳となる日の属する年度の末日まで)

※平成19年4月2日~平成21年4月1日生の方は令和7年3月31日まで

対象期間を過ぎた場合の接種費用は自己負担となりますのでご注意ください。

 使用ワクチンと接種間隔

HPVワクチンには、サーバリックスとガーダシルの二種類のワクチンがあります。

ワクチン名 サーバリックス(2価ワクチン) ガーダシル(4価ワクチン)
予防できるウイルスの型・病気 HPV16・18型子宮頸がん HPV16・18型子宮頸がん
尖圭コンジローマ
接種回数 3回(筋肉注射) 3回(筋肉注射)
接種間隔 2回目:1回目接種から1か月 2回目:1回目接種から2か月
3回目:1回目接種から6か月以上 3回目:1回目接種から6か月以上
製造販売元 グラクソ・スミスクライン株式会社 MSD株式会社

 ※接種途中から別のワクチンに切り替えることはできません。

 ※シルガード(9価)は公費接種の対象ではありません。希望する場合は全額自己負担となります。

 委託医療機関

医療機関名 住所 取り扱いワクチン 電話番号
サーバリックス ガーダシル
すずき小児科内科 三沢市下久保2-1-6 ○※1 0176-52-6555
クリニック
三沢市立三沢病院※2 三沢市大字三沢字堀口164-65 ○※1 0176-53-2161
青い森こども おいらせ町住吉4-50-2109 × 0176-58-7400
アレルギークリニック
こんの医院 おいらせ町中野平40-1 × 0178-56-8066

※1 サーバリックスを希望される方は事前に医療機関へお問合せください。

※2 小学6年生~中学3年生の方は小児科へ、高校1年生以上の方は婦人科へご予約ください。

接種時に持参するもの

・母子健康手帳

・予防接種予診票(事前に必要事項を記入)

接種費用

無料(対象年齢以外で接種する場合は有料です)

受診時の留意事項

当日は原則として保護者が同伴してください。

新型コロナウイルスワクチンとの接種間隔について

 新型コロナウイルスワクチンとそれ以外のワクチンの接種間隔は、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間以上間隔をあけてください。また、新型コロナウイルスワクチンの1回目と2回目の間はできるだけ他の予防接種は避けてください。

予診票の送付予定時期について

接種を希望される方がスムーズに接種できるよう、下記のスケジュールで予診票を送付いたします。

接種希望者数により、送付予定時期が変更となる場合があります。 

相当学年・年齢 生年月日 送付予定時期
小学6年生(12歳)相当 平成22年4月2日~平成23年4月1日 令和5年度
中学1年生(13歳)相当 平成21年4月2日~平成22年4月1日 令和4年6~7月
中学2年生(14歳)相当 平成20年4月2日~平成21年4月1日 令和4年6~7月
中学3年生(15歳)相当 平成19年4月2日~平成20年4月1日 令和4年5月
高校1年生(16歳)相当 平成18年4月2日~平成19年4月1日 令和4年4月22日

県外の医療機関で接種を希望される方

(1)接種前に、希望医療機関(市町村の場合もあります)へ、「三沢市からの依頼書があれば予防接種が可能か」を確認してください。

(2)接種が可能な場合、「三沢市定期予防接種実施依頼書交付申請書[pdfファイル] 」に必要事項を記載し、健康推進課へ提出してください。(郵送可)

(3)市から、「予防接種実施依頼書」と「三沢市定期予防接種費用給付申請書」を滞在先住所に送付します。

(4)予防接種を受ける際の注意事項

 ・「予防接種実施依頼書」を医療機関に提出してください。

 ・接種費用は、自費でお支払いください。

 ※予診票は、三沢市からお送りした予診票でも、医療機関指定のものでも構いませんので、医療機関の指示に従ってください。

 ※「予診票」、接種した予防接種名が記載された「領収書」は、償還払いの手続きに必要となります。

(5)後日、「三沢市定期予防接種費用給付申請書」に必要事項を記入のうえ、三沢市保健相談センターへ

償還払いの申請を行ってください。

※償還する金額は、三沢市が定める上限額がありますのであらかじめご了承ください。

HPVワクチン接種後の主な副反応

頻度 サーバリックス ガーダシル
10%以上 痒み、注射部位の痛み・赤み 注射部位の痛み・赤み・腫れ
腫れ、筋痛・頭痛、疲労感など
1~10%未満 じんましん、めまい、発熱など 注射部位の痒み・出血・不快感、
頭痛、発熱
1%未満 注射部位の知覚異常 手足の痛み、腹痛など
しびれ感、全身の脱力
頻度不明 手足の痛み、失神など 疲労感、湿疹、筋痛・関節痛など

稀に起こる可能性がある重い症状

・呼吸困難、じんましんなどを症状とする重いアレルギー(約96万接種に1回)

・手足の力が入りにくいなどの症状 (約430万回接種に1回)

・頭痛、嘔吐、意識の低下などの症状 (約430万回接種に1回)

・外傷をきっかけとして慢性の痛みを生ずる症状(約860万回接種に1回)

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度について

  一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関で治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

※厚生労働省ホームページ 

「ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~」

  https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/

※リーフレット  

 

 

ライフイベント