令和2年度三沢市協働のまちづくり市民提案事業の募集期間が延長になりました

 三沢市では、市民団体による地域の良さを伝えるための事業、地域の課題解決をするための事業地域への愛着を醸成できる事業の企画提案を募集します。

 仲間と一緒に、「地域の魅力を広げ、くらしを守り、人をつくる」何かを始めたという皆さまからの応募をお待ちしております。

 今年度は新たに「中高生チャレンジ事業」を設けました!

補助金額

A:市民提案型事業

1事業50万円以内(千円未満切り捨て)

※対象経費の90%以内、または総事業費から収入を引いた額のいずれか少ない方

B:中高生チャレンジ事業

1事業30万円以内(千円未満切り捨て)

※対象経費の100%以内、または総事業費から収入を引いた額のいずれか少ない方

募集期間

令和2年4月1日(水)~6月30日(火)

※申込書類を提出いただく前に、広報広聴課との話し合いが必ず必要となりますので、

 提案を検討されている団体は、6月23日(火)までに、広報広聴課へご連絡ください。

応募団体

A:市民提案型事業

(1)団体の所在地と主たる活動の場所が三沢市内であること

(2)市民等により自主的に組織され、会則、規則等を持ち、会計処理(予算・決算含む)が行われていること

(3)会員が5名以上で、その構成員の過半数が市内に在住、在勤または在学しているものであること

B:中高生チャレンジ事業

(1)団体の所在地と主たる活動の場所が三沢市内であること

(2)会員が5名以上で、その構成員の過半数が市内に在住、在勤または在学しているものであること

(3)会員の2/3以上が中学生及び高校生等で代表者は20歳以上の方であること。

対象事業

様々な団体と協働により実施することで、より大きな効果を期待でき、次の(1)、(2)を満たす公益的な事業です。

(1) 地域の課題解決や地域の良さを広げ、地域への愛着を醸成できるもの

(2) 事業の事業計画(事業効果を含む)及び収支計画が明確で実現性があるもの

※営利目的、親睦会のようなもの、政治・宗教活動に関わるもの、その他公序良俗に反するものは対象となりません。

※市内で実施することが必須です。

事業期間

事業期間:令和2年8月1日から令和3年2月末日までに精算できるもの

選考方法

書類審査及びプレゼンテーション(7月実施予定)

応募の手引き・応募様式

応募様式はこちらからダウンロードしてご利用ください。

様式第1、2、4-1、5~12、15号.doc [100KB docファイル] 

様式第3、4-2、13、14号.xls [67KB xlsファイル]

自己評価シート.xls [43KB xlsファイル]  

詳しくは、申請ガイドブックをご覧ください。

2020申請ガイドブック.docx [1173KB docxファイル]